現金過不足の仕訳と振替

現金過不足の処理

帳簿に記録される現金と実際の現金は一致するのが普通ですが、現実には何かしらの原因でお金が合わなくなるケースは多々あります。コンビニやスーパーのレジでもデータ上の現金と合わないなんてよくある話です。

このお金が合わない状態を現金過不足といいます。現金過不足が発生した時は帳簿上の現金を実際のお金に合わせる仕訳が必要です。

帳簿上よりもお金が増えているのであれば借方を現金に、減っているのであれば貸方を現金にして処理します。この時の相手勘定科目は現金過不足勘定を用います。

また、現金過不足勘定はお金が合わなくなった原因が発覚した時に正しい勘定に振り替えないといけません。

たとえば、帳簿上の現金は5,000円だけど実際には3,000円しかなかった場合の仕訳は以下です。

   借方      貸方
現金過不足 2,000 現金 2,000

このような仕訳によって、帳簿上に余計ににある2,000円がなくなり、実際のお金と一致します。

この2,000円が仮に通信費の記入忘れだった場合は、以下の仕訳で振り替えます。

   借方      貸方
通信費 2,000 現金過不足 2,000

通信費を実際に払ったのに帳簿に記入してなかったから現金がずれたわけです。振替によって通信費という費用が発生したことも明らかになり、現金過不足もなくなりました。

原因がわからない場合

現金過不足の原因がわかれば順番に振り替えていけば問題ありませんが、いくら調べても原因不明のまま決算を迎えるケースも珍しくありません。ただ、原因不明とはいえ現金過不足のままでは不一致ということしかわからないので困ります。

そこで、最終的に原因不明の現金過不足は雑損か雑益勘定に振り替えてないといけません。なんだかよくわからないけどお金が減っていれば雑損勘定を使い、なぜかお金が増えているなら儲けとして雑益勘定を用います。

雑損だったら借方へ、雑益だったら貸方へ記入して、相手勘定科目は現金過不足で仕訳をします。

先ほどの例の通信費がもしも判明しなかった場合の振替は以下です。

  借方     貸方
雑損 2,000 現金過不足 2,000

そもそも現金過不足勘定というのは過不足の段階では資産でも負債でも収益でも費用でもないので、とりあえず現金過不足という勘定を用いているだけです。

そのため、決算では過不足が何なのかを明らかにする振替が必要になります。