買掛金・売掛金の仕訳と人名勘定を用いた処理

買掛金と売掛金を用いた仕訳

一般的な会社同士では、現金のやりとりだけで商品売買をしていては手間も多いですしコストもかかります。そのため、代金の支払いや受け取りを商品の購入・販売時ではなく、後日おこなうことも珍しくありません。

このことを掛取引といって、簿記でも買掛金・売掛金勘定を用いて処理をします。商品を買ったけど代金は後で払う場合は買掛金、商品を売ったけど代金は後でもらう場合は売掛金となるわけです。

掛取引というと専門用語っぽく聞こえますが、いわゆるツケと考えるとわかりやすいのではないでしょうか。

買掛金は後でお金を支払わないといけないので、負債にあたります。逆に売掛金は後でお金がもらえるわけですから、資産に分類されます。

それだけわかれば仕訳も簡単です。たとえば、10,000円の商品を仕入れて代金を掛けとした場合の仕訳は以下のようになります。

  借方      貸方
仕入 10,000 買掛金 10,000

上記のように、仕入という費用の増加と買掛金という負債の増加を記入します。

仮に同じ商品を販売した場合は、以下のように処理します。

  借方      貸方
売掛金 10,000 売上 10,000

この場合は売掛金という資産の増加と売上という収益を計上するわけです。

人名勘定を用いた仕訳

掛による取引はお互いに信用がないと成り立たないため、信用取引とも言います。「ひょっとしたらお金を払ってくれないかも?」なんて疑いがあれば、成立しないから当然ですよね。

ただ、取引は成立すればそれでOKではなく、当然ながら後で商品代金を払ったり受け取ったりしないといけません。この時問題になるのが「誰に?誰から?」という点です。

上記の仕訳を見てみると、「買掛金があるからお金を払わないといけない」「売掛金があるからお金を受け取れる」という点はわかりますが、肝心の「誰に?誰から?」という部分がわかりません。これでは支払うことも受け取ることもできないですよね。

つまり、買掛金と売掛金だけで処理をしていると取引相手ごとの明細がわからないわけです。そこで、人名勘定という取引先の名称で仕訳をする方法があります。

たとえば、10,000円の商品をA商店に販売して代金を掛とした時の仕訳を人名勘定で処理すると以下のようになります。

  借方      貸方
A商店 10,000 売上 10,000

人名勘定は売掛金や買掛金の代わりに用いる勘定で、これによって「どこに支払うのか?誰からお金を受け取るのか?」という点が明らかになります。

上記の仕訳を見るだけでもA商店に売掛金が10,000円あるとわかりますし、転記後でも取引先ごとの明細がわかるわけです。

なお、人名勘定は売上や仕入れの代わりではなく、あくまで売掛金と買掛金の代わりですからその点だけ注意しておきましょう。

また、問題文で指示がない場合は原則として売掛金・買掛金で処理をします。「人名勘定で仕訳しなさい」といった指示がある場合はそれに従って仕訳をするようにしましょう。