仮払金・仮受金の仕訳と振替

とりあえず払ったお金や受け取ったお金

会社の業務では「お金は必要だけど具体的な金額までわからない」というケースは珍しくありません。いい加減なのではなくて、たとえば出張などで旅費や交際費などが必要なのは明らかでも、出張先でいくらかかるかはわからないといったケースなどがあります。

こうした時には、お金を渡す段階で何にいくら使ったという明細はわかりません。しかし、会社としてはお金が出て行ったという処理をする必要があります。

そこで、「とりあえず〇〇円」といった形で概算の金額を渡し、仮払金という勘定で処理をしておきます。仮払金は資産の分類です。とりあえず払ったお金が資産というのは違和感があるかもしれませんが、もしも使われなかったら返ってくるお金といったイメージで覚えておきましょう。

一方、「なんだかわからないけどお金がはいってきた」なんてケースもあります。

たとえば取引先からの送金があったけど明細が明らかでないケースなどです。こうした時も「とりあえず受け取ったお金」として、仮受金という勘定で処理をしておきます。

仮受金は負債の勘定で、送金した相手の間違いでひょっとしたら返さないといけないお金といったイメージでとらえておくといいでしょう。

仮払金・仮受金の処理

具体的な仕訳方法の前にもう一つだけ重要なポイントがあります。それは仮払金と仮受金は一時的な勘定という点です。

あくまで「とりあえず」支払ったか受け取ったお金ですから、決算までにはその内容を明らかにしないといけません。

つまり、最終的に作成する貸借対照表に仮払金や仮受金という形で計上されることは普通はありえないわけです。決算になっても仮のままではそれこそいい加減な会計処理をしているということになってしまいます。

ですから、内容が明らかになった時は振替が必要である点だけ忘れないように覚えておきましょう。

前置きが長くなりましたが、仕訳自体は簡単です。仮払金を払った時は借方へ、仮受金を受けたときは貸方へそれぞれ記入していきます。具体例で仕訳の練習をしてみましょう。

例題1)従業員の出張にあたり、旅費の概算額10,000円を現金で渡した。

  借方     貸方
仮払金 10,000 現金 10,000

例題2)上記の従業員が出張から戻ったので、旅費を精算して残金3,000円を現金で受け取った。

  借方     貸方
現金 3,000 仮払金 10,000
旅費 7,000

この振替によって旅費が7,000円かかったと明らかになるわけです。

仮受金についても理屈は同じになります。

例題3)得意先から現金10,000円が送金されたが、内容は不明である。

  借方     貸方
現金 10,000 仮受金 10,000

例題4)上記の送金は売掛金であると連絡を受けた。

  借方     貸方
仮受金 10,000 売掛金 10,000

表作成問題で仮払金や仮受金の仕訳をした場合は、振替のし忘れがないかの確認をしてから作成に取りかかるようにしましょう。