為替手形の仕組みと仕訳

為替手形の仕組み

約束手形が振出人と名宛人2人でやりとりする手形なのに対して、為替手形では3人の人物が登場します。具体的には手形を振出す人と実際に支払いをする人、お金を受け取る人の3人です。

為替手形が使われる目的は違う取引先に対する売掛金と買掛金を相殺するためですが、これだけ聞いてもわかりにくいので具体例を出します。

たとえば、A商店が商品売買をしてB商店に売掛金(あとでお金がもらえる)があるとします。A商店はC商店に対して買掛金(あとでお金を払う)をもっているとします。

こうした時にA商店はB商店からお金をもらって、C商店には支払いをしないといけません。ですが、B商店がA商店に支払うお金をC商店に支払ってくれれば、A商店からすると売掛金の受け取りと買掛金の支払いの手間がなくなり助かります。

こうした時に登場するのが為替手形で、要するに、自分に代わって支払いをしてもらうために振出す手形です。

この為替手形の仕組みをもう少し具体的に解説します。

まず、A商店が為替手形を作成してB商店にもっていき「自分への掛代金をC商店に払ってほしい」とお願いします。B商店が了承して手形にサインをすることで手形の効力が発揮されるようになります。

そして、A商店はB商店のサイン入りの手形をC商店にもっていき「あなたへの掛代金はB商店が代わりに払います」と伝えて手形を渡すわけです。

結果的にA商店は売掛金と買掛金の相殺ができ、B商店は掛代金の支払いをC商店にし、C商店はB商店から掛代金をもらえるようになります。

以上のような仕組みの為替手形ですが、現実にはあまり用いられません。理由は3者の間に信頼関係がないと成り立たないからです。

全然知らない会社に「お金払って」とか「お金を受け取って」と言われても怪しいだけなので、信頼関係がないと為替手形は使えないのです。

ただし、為替手形は実務と違って試験では頻出しているので、仕訳もマスターしておくようにしましょう。

為替手形の処理

為替手形の仕訳方法は立場によって変わります。手形を振出す人を振出人、代金の支払いをする人を名宛人、代金を受け取る人を指図人といい、それぞれの立場によって処理方法も変わるわけです。

振出人にとっては、為替手形の振出しは負債である買掛金と資産である売掛金がなくなったことになるので、仕訳は以下のようになります。

  借方    貸方
買掛金 ○○ 売掛金 ○○

名宛人からすると、買掛金という負債がなくなる代わりに支払手形という負債が増加したことになるため、以下のように処理します。

  借方    貸方
買掛金 ○○ 支払手形 ○○

そして指図人からすると、売掛金という資産がなくなる代わりに受取手形という資産が増加したことになります。

  借方    貸方
受取手形 ○○ 売掛金 ○○

なお、為替手形には、振出人と受取人が同じになる「自己受為替手形」や振出人と支払人が同じになる「自己宛為替手形」もあります。特殊な為替手形についてはこちらで解説していますが、これらは少し難しいので、まずは為替手形の仕組みと仕訳方法をマスターしてから学ぶのがよいでしょう。