有形固定資産を購入・売却した時の仕訳

固定資産の仕訳

売ればお金になるものは簿記上では資産分類になりますが、お店や会社で使う資産を特に固定資産と言います。固定資産は有形固定資産、無形固定資産などさらに細かく種類分けできますが、3級では有形固定資産だけ学べば大丈夫です。

有形固定資産とは、建物や備品などの形が存在する固定資産を指します。覚えておきたい勘定科目の分類は建物、備品の他に車両運搬具、土地です。

有形固定資産を購入する時には手数料などの付随費用が必要になります。仕訳をする時は有価証券購入時と同じく、固定資産の購入費の中に付随費用も含めて処理しないといけません。なお、付随費用をあわせたものを取得原価といいます。

土地や建物購入時の仲介手数料や車の登録手数料など、固定資産購入時に必要となった費用はいずれも付随費用として取得原価に含めます。

具体例と共に仕訳の方法を見てみましょう。

例題)土地3,000㎡を1㎡あたり1,000円で購入し、代金は整備費用30,000とともに小切手を振出して支払った。

土地自体の金額は3,000×1,000=3,000,000で、整備費用も取得原価とあわせて仕訳をします。

  借方      貸方
土地 3,030,000 当座預金 3,030,000

計算ミスと勘定科目名だけ気をつければ仕訳は簡単です。

売却時の処理

固定資産を売却した時の仕訳も基本的な考え方が理解できていれば難しくありません。資産の減少と売却によって得たお金、さらに差額から損益を計上していきます。

たとえば、10,000円の備品を12,000円で売却し、代金を現金で受け取った場合の仕訳は以下のようになります。

  借方      貸方
現金 12,000  備品 10,000
       固定資産売却益 2,000

固定資産売却益ではなく備品売却益という勘定を使うこともできますが、本試験で勘定科目が指示されている時はそれにしたがって仕訳をするようにしましょう。

それと、固定資産というのは時間経過で価値が減少していき、この減少した価値を費用計上することを減価償却といいます。減価償却は3級では特に重要な話ですが、基本が理解できないうちは難しいのでここでは省略しています。

減価償却を行う場合は上記のような仕訳方法ではないので、その点だけ注意しておきましょう。減価償却を学ぶときに改めてこのページも見直してもらえれば理解も深まるので、とりあえず基本的な仕訳方法だけおさえておいてください。