簿記における現金の範囲と通貨代用証券の仕訳

簿記における現金の範囲

説明するまでもないかもしれませんが、現金とは100円玉や500円玉の硬貨と1万円札などの紙幣のことです。すでに勘定記入や仕訳の基本で解説しているとおり、現金は資産として仕訳を行います。

つまり、現金が増加したら借方へ、減少したら貸方へ記入していくわけです。

ここまでは基本ですから簡単だと思います。覚えておきたいのは、簿記において現金とは紙幣や硬貨などの通貨だけではない点です。

簿記上で現金として扱われる具体的なものは以下のようなものがあります。

・郵便為替証書
・送金小切手
・他人振出小切手
・配当金領収証
・期限の到来した公社債の利札

これらは郵便局や銀行にもっていくとお金に換えてくれるものですから、簿記上でも現金として処理します。そして、お金に換えてもらえるこうしたものを総称して通貨代用証券といいます。

通貨代用証券の具体的な内容や仕組みを試験で聞かれたりはしませんが、理屈がわかるほうが現金として扱われる理由もわかりやすいです。

郵便為替証書というのは、郵便局に持っていくと現金に換えてもらえる引換け券のようなイメージだとわかりやすいと思います。お金を渡す人が送金手段として郵便為替証書を使ったので、証書をもっている人はお金を受けとれるわけです。

郵便局ではなく銀行を送金手段に利用した場合は、送金小切手となります。厳密に言うと違いますが、イメージとしてそのように覚えておくだけで十分です。

他人振出小切手や配当金領収証、期限の到来した公社債の利札は、3級でも今後でてくるのでその時に改めて解説します。

とりあえず現時点では、通貨と通貨代用証券はいずれも現金として処理するということだけ覚えおきましょう。

現金の処理の練習問題

商品10,000円を売り上げ、代金は送金小切手で受け取った

  借方     貸方
現金 10,000 商品 10,000

商品という資産が減少したので貸方に記入します。送金小切手は現金扱いで、増加を借方に記入します。通貨代用証券は、その名前でなく現金勘定科目で仕訳をするのがポイントです。

なお、商品勘定ではなく売上勘定を使う仕訳もありますが、その点についても他で解説します。