仕入戻し・売上戻しの仕訳と仕入値引き・売上値引きの処理

返品時の処理

欠陥やキズなどを理由に商品を返品することは日常的にもありますが、返品した時にも処理をしないといけません。返品した時の仕訳を簿記では仕入戻しといいます。

仕入戻しをすると手元には商品がなくなりますから、貸方に商品をもっていきます。しかし3分法では商品ではなく仕入として処理しているので、勘定は仕入です。代金を現金で払っている場合は返金してもらえるので、借方は現金になります。

たとえば、現金10,000円で買った商品の仕入れ戻しの仕訳は以下です。

  借方     貸方
現金 10,000 仕入 10,000

要するに、購入時の仕訳の逆をすればいいだけなので簡単ではないでしょうか。

なお、掛けで購入していて代金を払っていない場合などは借方が買掛金になります。


売上戻り

逆にキズや欠陥を理由に商品を返品されることもありますが、これを売上戻りといいます。売上戻りも結局のところ、商品が売れなかったものとして売った時と逆の仕訳をするだけです。

仕訳は以下のようになります。

  借方     貸方
売上 ○○   現金 ○○

なお、掛取引では売掛金で処理しているので、逆仕訳でも売掛金を用います。

値引き時の処理

返品するのではなく代金を安くしてもらうことを値引きといいます。一般的な値引きのイメージと意味はまったく同じです。

買った商品を値引きしてもらう場合は仕入値引き、販売した商品を安くしてあげる時は売上値引きとして処理をします。

値引きの仕訳も戻しと同じように仕入または売上時の逆仕訳をするだけです。値引き分だけ逆仕訳をすればいいので、特に難しく考える必要はありません。

仕入値引きなら以下のように仕訳をします。

  借方     貸方
買掛金(現金) ○○ 仕入 ○○

売上値引きの仕訳は以下です。

  借方     貸方
売上 ○○ 売掛金(現金) ○○

分記法で売上値引きを処理しようとすると、商品はないけど商品売買益だけ減ることになり少しだけ複雑になります。とはいえ、3分法をメインに学習しておけばいいので深く考える必要はありません。

「戻りも値引きも購入・販売時の逆仕訳で処理する」と覚えておけば十分でしょう。