簿記の資格を持っていると活躍できる仕事

簿記の資格が役立つ仕事

仕事に活かしたいと考えて簿記の学習を始める方が多いと思いますが、簿記の得た知識が具体的にどのような仕事で役に立つかご存知でしょうか。

一番最初に思いつくのはやはり経理職で、2級レベルの知識は日常的な業務に必須となります。3級で学ぶ基本だけでは厳しい部分も少なからずありますが、個人商店などの小規模な経理でしたら3級の知識でも十分対応可能です。

経理以外の仕事では、一般事務職でも簿記は役立ちます。一般事務と一口に言っても仕事内容は様々で、電話応対だけではありませんよね?

担当の経理を同時にこなすケースも珍しくありませんから、簿記の知識があればよりたくさんの仕事を任せられる人として重宝されるかもしれません。

事務職に就いているけど簿記のことはあまりわからないという方も少なくないと思いますが、簿記の知識があるかどうかで会社の評価も変わるはずです。

簿記の知識があれば意外に活躍の幅が広がるのが営業職です。

簿記と営業は無縁そうにも見えますが、日常的な取引において小切手や手形、掛は一般的に使われます。こうしたことを知らない相手と取引しても相手は不安になってしまいますから、営業マンとしては知ってて当たり前の知識ですよね。

仕事を続ける中で学ぶこともありますが、基本知識を知っているかどうかは大きなアドバンテージになるのではないでしょうか。

また、取引先の財務状況を見て今後の取引に役立てることだってできます。財務諸表を見て判断する能力が問われるので、2級以上の知識は欲しいところですが、基礎は3級で学べます。

将来を見据えた時

仕事を頑張って続けていき、出世して将来は管理職を目指すという方も少なくないと思います。管理職になれば書類作成などに自分がたずさわるケースは少なくなるため、簿記の知識は不要と思われがちです。

しかし、貸借対照表や損益計算書などを確認して、会社の財務状況を分析する時には簿記の知識が必要不可欠になります。

勤めた年数だけ長くて管理職になっても、部下から確認をお願いされた書類の数字をただ見るだけではあまり意味がないと思いませんか?どうせなら具体的に業績を分析してさらに会社に貢献するほうが、自分のためにも会社のためにもなるのではないでしょうか。

今まさに簿記の勉強を始めたばかりの方や学生さんにはなかなかイメージしにくい話ですが、現在のスキルアップだけでなく将来の展望を考えた時にも簿記が有利に働くシーンは数多くあるわけです。

もちろん、資格を持っていることだけが出世に影響するわけではありませんし、個々の目指すところで変わる話ですが、せっかくの機会ですから2級までは最低の目標として学習に励んでみてはいかがでしょうか。