一部現金取引における分割法・擬制法を用いた仕訳

一部現金取引とは?

伝票会計は仕訳帳を使うよりも作業効率が上がりますが、1枚の伝票には1つの仕訳しか記入できません。ということは、借方や貸方に2行以上の勘定がある仕訳では1枚の伝票に起票できないわけです。

たとえば、「商品10,000円を売り上げ、代金のうち6,000円は現金で受け取り、残りは掛けとした」といったような取引の仕訳は2行以上になります。

  借方     貸方
 現金 6,000 売上 10,000
売掛金 4,000

こうした現金の増減とそれ以外の取引が両方ある取引を一部現金取引といいます。ようするに、伝票会計では一部現金取引を1枚の伝票で処理できないわけです。

とはいえ、伝票に起票しないわけにもいきませんから、仕訳を1行ずつと考えてそれぞれの伝票に起票しないといけません。

そして、仕訳を1行ずつ分ける方法には取引を分解する方法と、全ての取引を掛け取引で処理する方法があります。

分割法と擬制法

まずは仕訳を1行ずつに分けて起票する方法です。これは、1行しかない勘定を複数行ある勘定に合わせて数を増やしていきます。

先ほどの例では貸方に1行しかないので、借方の2行にあわせないといけません。

  借方     貸方
現金 6,000 売上 6,000

  借方     貸方
売掛金 4,000 売上 4,000

上記のように仕訳を分けることで、1行ずつになりました。あとは、現金の増減なら入金伝票・出金伝票に、それ以外の取引なら振替伝票に起票していきます。

起票した入金伝票 起票した振替伝票

結果として、この取引に対する伝票は3伝票制では上記の2種類必要になるわけです。なお、取引を分解して伝票に起票するこの方法を分割法といいます。

続いて、全ての取引を掛け取引で処理する方法です。

上記の取引では代金の一部を現金で受け取っていますが、これらをひとまず売掛金として考えます。つまり、仕訳を以下のようにするわけです。

  借方     貸方
売掛金 10,000 売上 10,000

現実には6,000円は現金で受け取っているので、売掛金から現金を回収したと考えてさらに仕訳をします。

  借方     貸方
現金 6,000 売掛金 6,000

この仕訳によって現金の増加を処理できます。借方にある売掛金10,000円は貸方にある売掛金6,000円を差し引くので、最終的に4,000円となり本来の売掛金と同じになります。

あとはそれぞれの仕訳を伝票に起票していくだけです。3伝票制を例にすると、売掛金の増加は振替伝票へ、現金の増加は入金伝票へ起票していきます。

起票した振替伝票 起票した入金伝票

このように取引をいったん掛けで処理する方法を擬制法といいます。

分割法と擬制法はどちらもできるようにしておくべきですが、どちらかというと擬制法に慣れておくほうがオススメです。擬制法のほうがややこしくて面倒に感じますが、分割法ではありえない仕訳がでてくるというデメリットがあります。

たとえば、10,000円の手形を割引して当座預金とした時、割引料が100円あったとして仕訳をしてみます。

  借方      貸方
当座預金 9,900 受取手形 10,000
手形売却損 100

これを分割法で分けた仕訳が以下です。

  借方      貸方
当座預金 9,900 受取手形 9,900

  借方      貸方
手形売却損 100 受取手形 100

受取手形が減少して売却損だけ残る取引なんて普通はありえません。分割法は簡単ですが、このようなおかしな仕訳がでてくる場面があり、逆に混乱する可能性があります。ですから、両方の方法を学んだ後は擬制法に慣れておくほうがいいのです。

伝票会計は問題をたくさん解けば解法パターンが自然と身につくので、基本の理解ができたら色々な問題にチャレンジしていきましょう。