自己受為替手形・自己宛為替手形の仕訳

自己受為替手形の仕訳

為替手形は基本的に3者間の取引で使われますが、特殊な使い方として2者で使う場合もあります。それが自己受為替手形と自己宛為替手形という2つの手形です。

まず自己受為替手形ですが、これは言葉から想像できる通り、自分を手形代金の受取人とする為替手形になります。つまり、指図人と振出人が同じというわけです。自己指図為替手形と表現する場合もありますが、意味は変わりません。

自己受為替手形では手形に書かれた金額を自分が受け取れるわけですから、相手が約束手形を振り出したと考えるとわかりやすいのではないでしょうか。

わざわざ自分から為替手形を振出すのは、売掛金を期日通りに回収するためです。売掛金は一般的には1ヶ月後が支払期日になりますが、実は支払いに強制力はありません。つまり、言い方は悪いですが、単なる口約束だけで支払いが先延ばしにされたりするケースもあります。

ですから、支払方法として期日の決まっている手形を使うために、自分で為替手形を振出すわけです。手形の場合は期日に支払いがないと不渡りになります。不渡りというのは簡単に言うと決済できないという意味です。

手形代金を支払うべき人が支払わずに手形が不渡りになったら、その人は金融機関で取引できなくなったりします。なので、手形だったら口約束では済まず、払わざるをえなくなるわけです。

そうした理由から自己受為替手形が利用されます。

それでは、自己受為替手形の仕訳についてみていきましょう。

例題)A商店は売掛金10,000円を回収するため、B商店宛、A商店受け取りの為替手形を振り出した。

A商店の仕訳(振出人)
   借方      貸方
受取手形 10,000 売掛金 10,000

自己受為替手形を振出すと期日に手形代金の支払いしてもらえるので、借方は受取手形(資産)です。

売掛金を回収するために振出すのが自己受為替手形ですから、代わりに貸方で売掛金の減少を処理します。売掛金はもらえない代わりに、手形に書かれた代金がもらえるようになるわけです。

B商店の仕訳(支払人)
   借方      貸方
買掛金 10,000 支払手形 10,000

自己受為替手形を引き受けた場合、仕訳は約束手形の振出しと同じように考えます。

期日に手形代金を支払うので、支払手形の増加を貸方にもってこないといけません。代わりに買掛金の支払い義務はなくなるので、借方を買掛金として減少を計上します。

ちなみに、相手に約束手形を振出してもらえるなら自己受為替手形は必要ありません。しかし、約束手形を発行するには当座預金口座が必要なため、場合によっては相手が約束手形を振出せない状況も考えられます。

こうした事情も自己受為替手形が存在する理由です。

自己宛為替手形の仕訳

続いては自己宛為替手形です。これは振出人と名宛人が同じになる為替手形で、相手に代金を支払うために自分を名宛人として振出します。

自己宛為替手形は約束手形と似ていて、結局は自分が支払うための手形です。しかし、両者が取引をしている銀行が離れていたりする時に、約束手形では無駄に手数料がかかるので、自己宛為替手形が利用されます。

イメージしにくいので、例をだしてみますね。

たとえば、A商店には東京本店と福岡支店があり、代金は本店から支払うようになっているとします。仮に福岡支店が福岡のB商店と取引をして約束手形を振出したら、東京と福岡で代金のやり取りをしないといけないため、手数料もかかりますし手間も多いです。

こうした時に東京本店が、福岡支店を名宛人、B商店を指図人とする為替手形を振り出します。東京本店も福岡支店も同じA商店なので、自己宛為替手形になるわけです。

なんとなくでも理解できたでしょうか。

理解をより深めるため、実際に仕訳をやってみましょう。

例題)A商店はB商店から商品10,000円を仕入れて、当店を名宛人とする為替手形を振り出した。

A商店の仕訳(振出人・名宛人)
   借方     貸方
仕入 10,000 支払手形 10,000

自己宛為替手形を振出すと自分に支払い義務が発生するので、貸方に支払手形をもってきます。借方は仕入なので簡単ですよね。

B商店の仕訳(受取人)
   借方     貸方
受取手形 10,000 売上 10,000

手形を受け取った相手は代金を受け取れるので、受取手形(資産)が増加します。貸方は売り上げた側ですから売上です。

自己宛為替手形の仕訳はそこまで難しくないですし、実際は場所による手数料の変化もないケースがあります。そうした理由から重要度も高くはないですが、試験対策もかねて知っておくといいでしょう。