貸付金・借入金の仕訳

貸付金と借入金の処理

お金の貸し借りは個人だけではなく会社同士でも日常的に行われるものですが、貸し借りがあった時は仕訳をしないといけません。

お金を貸した場合は後で返してもらえるので、貸付金という資産勘定で処理をします。逆に取引先や銀行からお金を借りた場合は、借入金という負債勘定で処理をしていきます。

お金の貸し借りをすると期間に対して利息が発生します。当たり前の話ですが、貸した人が利息を受け取り、借りた人は利息を支払わないといけません。

つまり、同じ利息でも貸し手からすると受取利息という収益になり、借り手からすると支払利息という費用になるわけです。

利息は貸し借りをした金額に利率をかけて計算します。たとえば、100,000円の年利率が3%だった場合は、100,000×3%=3,000円となります。

実際に貸した側と借りた側の仕訳をやってみましょう。

例題)A商店は現金10,000円をB商店に貸し付けた。利息は1,000円である。

まずは、貸し借りがあった時の処理です。

(A商店の仕訳)
  借方     貸方
貸付金 10,000 現金 10,000

(B商店の仕訳)
  借方     貸方
現金 10,000 借入金 10,000

続いて、貸付金の回収・借入金の返済をした時の仕訳です。

(A商店の仕訳)
  借方     貸方
現金 11,000 貸付金 10,000
       受取利息 1,000

(B商店の仕訳)
  借方     貸方
借入金 10,000 現金 11,000
支払利息 1,000

期間が1年に満たない場合の利息の計算方法

問題文に利息がいくらと書かれていなくても、金額に年利率をかければ利息は計算できます。しかし、年利率というのは1年間借りた場合の話ですから、貸し借りの期間が1年未満の場合はそのままでは計算できません。

そこで、1年未満のケースでは月割りで利息を計算することになっています。

たとえば、100,000円を年利率3%で6ヵ月借りた場合、以下のように計算して利息を算出します。

100,000×3%×6/12=1500円

1年間が12ヶ月なので、年間の利息に12分の借りた月数分をかけて計算するわけです。

また、借りた日数がたとえば46日などのように月割りもできない時は日割りで計算することになります。日割り計算の場合は、金額×年利率×(借りた日数)/365で計算します。

利息がわかれば仕訳は上記と同じようにやれば問題ありません。

なお、「借りただけ」「貸しただけ」という段階では利息は無視して仕訳をしないといけませんが、関係ないのに利息が一緒に載っている問題もあるので惑わされないように注意しましょう。

以上のような点に注意すれば他は特に問題ないです。貸付金と借入金は仕訳問題で頻出しているので、得点源にするために確実にマスターしておきましょう。