決算手続きの流れ

決算とは?

決算とは、会計期間(通常は1年)の損益を計算し、財政状態と経営成績を明らかにし、貸借対照表と損益計算書を作成するまでの一連の作業のことです。

期首(会計期間の始まり)から期末(会計期間の終わり。決算日でもある)までの損益は決算によってまとめられるので、最初に立てた事業計画通りに経営が行われたかの判断もできますし、次期の計画修正に役立てることもできます。

言い換えるなら、決算では期中に処理をしていなかったあらゆる処理を済ませて、正確な損益を計算しないといけないわけです。

また、決算の時だけにおこなう手続きもあり、これらを大きく分けると予備手続き、本手続き、報告手続きの3つになります。

決算手続きの流れ

決算予備手続き

決算予備手続きとは、決算を行うための準備となる手続きです。主な作業内容は、試算表の作成、棚卸表の作成、精算表の作成があります。

試算表は勘定をまとめた一覧表で、棚卸表は決算整理事項の明細をまとめた表です。精算表は、試算表の内容に決算整理事項まで含めてまとめた表を指します。

3級では棚卸表は出題されないので、試算表と精算表だけ覚えておきましょう。それぞれの表については別で詳しく解説していますので、ひとまずそうした表を用意するという認識でも大丈夫です。

決算本手続き

決算本手続きとは、貸借対照表と損益計算書に記入するデータを整理・まとめる作業です。未処理の仕訳を終わらせたり、ミスや一時的な処理を正しく修正していきます。

本手続きも細かく作業内容は分かれますが、優先的に学んでおきたいのは決算整理です。

決算整理とは決算日におこなう特殊な仕訳で、修正作業も含まれます。3級では9種類の決算整理事項について学習する必要があり、その項目は以下です。

現金過不足
減価償却
有価証券の評価替え
貸倒引当金の設定
費用と収益の見越し
費用と収益の繰延べ
消耗品の処理
引出金の処理
売上原価

各項目の具体的な処理方法はそれぞれのページで解説しています。現金過不足と引出金については基本的な仕訳とあわせて解説しているので、そちらを参考にしてください。

決算本手続きの話に戻りますが、3級でもう1つ重要なのは帳簿の締め切りです。帳簿の締め切りも別に解説していますが、決算整理とあわせて絶対に学習しておきましょう。

決算報告手続き

決算報告手続きとは、内容の報告をするための手続きです。

報告のために必要な書類は財務諸表ですから、これを作成します。財務諸表とは、貸借対照表と損益計算書のことと思っておいていいでしょう。

決算手続きの流れとしては、予備手続き→本手続き→報告手続きとなりますが、予備手続きを終わらせないと本手続きをはじめないというものではありません。

予備手続きと本手続きは必要に応じて順番が前後したりすることもありますし、試験対策を考えるならあまり順番にこだわらないほうがいいです。決算で必要な作業を全部終わらせて、最終的に貸借対照表と損益計算書を作成するという認識でも問題ありません。

なお、当サイトでも試験対策向けに予備手続きと本手続きの順番は前後させています。

決算の流れは実際に表を作ったりすると自然と覚えるので、大まかに内容が理解できたら試算表から順番に学んでいきましょう。財務諸表の作成までできるようになってから改めて流れを確認すると理解も深まります。