簿記3級の勉強に使用する問題集選びのポイントと使用した問題集

問題集を選ぶときの注意点

メインで使用する問題集を選ぶときも、参考書と同じく最新のルールに準拠しているものを選ぶ必要があります。あまり深く考えなくても問題ないとは思いますが、念のため「第何回の問題か」という点は確認しておくのが無難です。

簿記3級の試験は年3回あるため、最新版の過去問題集を購入すると一つ前の試験で出題された内容を学習することができます。なので、一番新しいのを用意できればそれでOKでしょう。

過去に受験経験があって問題集をお持ちの場合は、極端に古くない限り使い回しても大丈夫だと思います。ただし、使いまわすのは過去問題集だけにして、予想問題集は最新版を入手して傾向と対策を学習しておくのがいいでしょう。予想問題集に次の試験で出題される問題そのものズバリが載っているわけではありませんが、出題傾向を知ったり初見問題にチャレンジするのは大切だからです。

また、テキストと問題集は同じシリーズで揃えるのが基本になります。簿記の全体像や基本部分はどの本でも同じですが、解説のされ方や表現は変わってきます。出版元が別々の参考書とテキストで学習していると表現や学習する内容の順番の違いなどに混乱してしまうので、参考書と同じシリーズで統一して使うようにしましょう。

初めて問題集を購入する場合は「参考書とのセット」や「3級・2級のセット」「過去問題集と予想問題集のセット」など、色々なセット購入ができる書籍販売サイトでまとめて購入してもいいと思います。もちろん本屋でまとめ買いでもいいでしょう。手持ちの状況で特に必要なものを選んでみてください。

特におすすめの問題集

僕が簿記3級で使用した問題集は参考書と同じTAC出版の「よくわかる簿記シリーズの問題集」です。選んだ理由は特にありませんが、テキストがわかりやすかったので「TACの問題集もハズレはないだろう」と思って購入しました。

実際使ってみてハズレどころか大正解で、出題傾向や解法パターン、攻略テクニックなどが問題集の前半で解説されていました。参考書だけでは理解しきれない本試験問題も効率よく学習できたので、問題集選びで迷っている方にはオススメです。

僕は参考書は「スッキりわかる」を使用し、問題集は「よくわかるシリーズ」を使っていました。どちらもTACなので、あわせて使っておくと学びやすいと思います。

TACは他にも仕訳マスターや合格トレーニングなど、簿記3級だけでもたくさんの問題集が発売されています。他の問題集がどんな感じかは見ていないので知りませんが、「よくわかるシリーズ」は問題数の数も多いですし「これでもか」というくらいのテクニック満載なので、間違いないです。

本屋で中身を確認してみて「わかりにくい」と感じたら別の問題集でもいいと思います。ただ、個人的には「TACのシリーズものを使って勉強していけば他の問題集まで手を出す必要はない」というのが本音です。