簿記の学習でモチベーションが続かない時はどうする?

モチベーションが落ちると学習も続かない

簿記だけではなく受験勉強はそれなりに期間が必要です。

学習を始めた当初はやる気十分でも「時間が経つにつれてモチベーションも下降したり・・・。」「わからない問題が出てきて解決できずに放置してやる気を失くす」などなど、少なからずモチベーションが落ちたという経験がある方は多いと思います。

3級は正直言って勉強をやればだれでも受かるレベルです。「赤ちゃんでも?」とかの屁理屈は抜きにして、特別な能力や天性の才能、宝くじが当たるほどの運とかなくても、少しの期間頑張って勉強すれば合格できます。

落ちる理由があるとすれば、本試験までやる気を維持できずに十分な勉強ができなかったという点ではないでしょうか。なので、試験当日までに高いモチベーションを維持して学習を続けること、あるいは落ちたモチベーションを回復させて再び学習に取り組むことが合格には必要不可欠な要素になります。

僕も怠惰な性格でモチベーション維持は得意ではないですが、簿記の勉強をしていた時にどういう発想や方法でモチベーション維持したかお伝えします。「モチベーション続かないよ~」という方は参考にしてもらえればです。

やる気を維持する方法や考え方

1、合格を目標にしない
合格を目指して学習しているのは当然なのですが、あえて合格を目標にせず「簿記に合格した後にやりたいこと」を目標にします。

これによって、「合格するのはあくまで通過点」といった発想で学習に取り組めるようになります。それぞれ取得理由は違いますが「簿記をとって何をどうしたいのか」一度見つめなおすとやる気もでてくるのではないでしょうか。


2、合格後のご褒美を用意する
受験勉強中は常に合格している自分をイメージして、合格後にやりたいことやご褒美を用意しておきましょう。「欲しいものが手に入る自分」「やりたいことを好きにできる自分」をイメージしておくと、何としても合格したいという気持ちになって勉強も進みやすいと思います。


3、すぐできる小さなことをやってみる
いきなりガッツリ過去問を解いたりする前に、小さなことを意識的にやってみます。

簿記3級で特にオススメなのは電卓をたたく練習を勉強前にすることです。時間もかかりませし電卓を打つスピードも上がり、さらにスムーズに勉強を開始できます。至れり尽くせりなので、やる気がでない時はぜひお試しください。


4、どうしてもやる気がでない時は休む
体力や時間の都合で、どうしても勉強が無理なときは思い切って休むのも手です。遊んだり趣味に走るとやる気が落ちるかもしれないので、好きな音楽を聞いたりしてリラックスできる時間に回すのがいいと思います。


5、次の試験に期待する
本末転倒ですが、最終手段はこれです。やる気がでないからといって諦めるのは正直おすすめしませんが、「試験直前期に突入したけど、まったく手つかず」なんて状態の時には潔さも大事です。

特に3級の試験は3ヶ月ほどで次の試験があり、国家試験のように「失敗したら次は来年」ということはありません。なので、体に無理をさせるくらいなら「落ちても次がすぐある」くらいの気持ちでもいいかもしれません。

あくまで最終手段ですから、積極的に諦めたりはせず、肩の力を抜いて勉強するというイメージで学習に取り組んでみてください。