前払金・前受金の仕訳

商品購入・販売前のお金のやり取り

商品売買では手付金や内金でやり取りすることがあります。手付金や内金というのは、買い手が代金の一部を先払いして購入の意思表示をするためのお金です。

手付金は放棄したり倍返しで契約解除ができる反面、内金は法的に認めらない限り契約の解除はできません。もっと細かい違いもありますが、3級では手付金も内金もほとんど同じ意味で使われるので、そこまで詳しく知らなくても大丈夫です。

重要なのは勘定科目と分類で、商品購入前に払ったお金は前払金、商品販売前に受け取ったお金は前受金で処理をします。

前払金は支払いによって商品をもらえるわけですから資産に分類されます。仮にキャンセルして商品を買わない場合でも、支払ったお金は返ってくるのでいずれにせよ資産となるわけです。

一方、前受金は受けとることで商品の引き渡し義務が発生するので負債勘定になります。これもキャンセル時には返金する必要があるから負債と考えても問題ありません。

科目の分類を確認した上で仕訳をみてみましょう。

前払金・前受金の処理

前払金を支払ったら資産の増加、前受金を受け取ったら負債の増加として処理します。

例題)A商店はB商店より商品10,000円を購入する予定だが、それに先立ち現金10,000円の支払いをした。

(A商店の仕訳)
  借方     貸方
前払金 10,000 現金 10,000

(B商店の仕訳)
  借方     貸方
現金 10,000 前受金 10,000

代金の一部の支払いが手付金や内金とお伝えしましたが、全額を支払った場合でも前払金・前受金勘定を使って仕訳をします。

また、実際に商品を渡した場合は、前払い金は仕入に、前受金は売上に振り替えて処理をしないといけません。

(A商店の仕訳)
  借方     貸方
仕入 10,000 前払金 10,000

(B商店の仕訳)
  借方     貸方
前受金 10,000 売上 10,000

なお、代金の一部しか支払っていなくて商品を渡すときに残額を決済する場合は、先に前払金と前受金をなくしてから仕訳をします。

たとえば、上記の商品が20,000円だった場合、前払いしているのは10,000円だけになるので、残りを現金や小切手で支払わないといけません。

仮に現金で残りの10,000円の支払いをした時の両商店の仕訳は以下のようになります。

(A商店の仕訳)
  借方     貸方
仕入 20,000 前払金 10,000
        現金 10,000

(B商店の仕訳)
  借方     貸方
前受金 10,000 売上 20,000
現金 10,000