さ行の簿記用語集

『さ行』の簿記用語を解説

「さ」

再振替仕訳 期首の最初におこなう決算時の逆仕訳。見越計上や繰延計上を行うときに用いる。期首の日付で行う点に注意。
財務諸表 貸借対照表や損益計算書の総称。財務諸表は他にも種類がありますが、3級では貸借対照表と損益計算書のことと思っていても問題ないです。
差額補充法 設定したい金額とその時の残高との差額を繰り入れる方法。貸倒引当金を処理する時に使用する。他に洗替法があるが、3級では必要なし。
3伝票制 入金伝票、出金伝票、振替伝票の3種類の伝票を用いた伝票会計の方法。一応、3級では3伝票制が中心ですが、5伝票制とあわせて学習しておくのが吉です。
3分法 商品売買の仕訳方法のひとつ。仕入れと売上、繰越商品の3つの勘定で仕訳をおこないます。売上勘定で仕訳をすることで原価と利益を分ける必要がなく仕訳がより楽になる。

「し」

仕入諸掛 商品を購入する時に発生する費用。引き取り運賃などが一例。仕入れにかかる費用のため、まとめて仕入として処理するのが原則。
時価法 期末の時価で評価する方法。有価証券なども時価法で計上する。売買目的有価証券以外では他の方法が使われることもある。
支払手形 書かれた金額を支払う必要がある手形。いずれお金を支払う必要がでてくるので、負債になります。
資本的支出 固定資産に対する支出。建物のリフォームなど固定資産を増やすための支出が含まれます。
収益的支出 現状維持や現状回復のために固定資産にたいして行う支出。資本的支出と似ていますが、こちらはあくまで元通りにするためのもの。たとえば割れたガラスをなおすための出費などです。
修繕費 収益的支出があるときに用いる勘定科目。仕訳では収益的支出と書くのではなく、修繕費と書くというわけです。
主要簿 仕訳帳と総勘定元帳のこと。簿記の中ではずすことのできないメイン帳簿。貸借対照表や損益計算書を作成するために必須となる。
消耗品 使えば状態が変わるもの。3級で大事なのは、消耗品は資産になるが消耗品費は費用になる点です。仕訳方法によって勘定科目が異なる点に注意。
諸口 相手勘定科目が複数あることを意味して使う。たとえば資本金にたいして現金と普通預金があるならば、資本金の仕訳の貸方には諸口と書けばいいということです。
人名勘定 売掛金や買掛金の代わりに取引先の名称を用いること。取引先ごとの明細などがわかりやすくなる。○○商店などが一例。問題で人名勘定で仕訳しなさいと指示があるときはその通りにしないといけない。

「せ」

精算表 試算表と貸借対照表、損益計算書をひとつにまとめた表。過去に出題されなかったこともありますが、ほぼ100%出ると思って学習するのが大切です。作成できないと合格は厳しいです。

「そ」

租税公課 費用となる税金を処理する時の科目。聞きなれない言葉は学習しながら慣れるしかないですが、仕訳自体は難しくないです。
損益勘定 当期純利益を計算するために新たに作る勘定。収益と費用を締め切る時の第一段階で作成して振替え作業をおこなう必要があります。
損益計算書 儲け、あるいは損失を明らかにするための表。簿記の主目的のひとつはこの表を作成することです。