簿記3級の勉強に使用する参考書選びの注意点と使用したおすすめのテキスト

勉強に使用する参考書選びの注意点

3級の参考書は探してみるとたくさん見つかるため、どれを選べばいいかお悩みではないでしょうか。読みにくい参考書を使っていても勉強ははかどらないですから、参考書選びが既に合否の分かれ目と言えるかもしれません。

参考書を選ぶときに最初に注意しておきたいのは、極端に古いものだと法改正に対応していない点です。必ずしも新品を買う必要はありませんが、古い情報や通用しなくなった方法を吸収しないためにも、できる限り最新の参考書を用意するようにしましょう。

それ以外は特に注意点はなく、自分自身が「読みやすい」「わかりやすい」と感じればそれで問題ありません。ただ、合格した人のおすすめを知りたいという方に僕が簿記3級の勉強に使用した参考書(テキスト)をご紹介します。

僕が使ったおすすめのテキスト

僕が学習のメインに使用した参考書はTACのスッキリわかる日商簿記3級です。

TACは資格関連では有名ですし、スッキリわかるシリーズは本屋でもズラっと並んでいるので知っている方も多いと思います。このテキストの何がいいかと言うと、難しい専門用語をわかりやすい言葉や一般的な言葉に置き換えて説明してくれている点です。

既にある程度の知識がある方には回りくどい説明に感じる部分もあるかもしれませんが、僕みたいに「簿記?なにそれ?うまいの?」状態から始める場合でも、無理なくスラスラと読みすすめていけます。

僕が使っていた第2版はネコのキャラクターが会社を作るストーリ仕立てで構成されていて、読み物のような感覚で場面ごとの学習ができるようになっていました。今後出る改訂版でもキャラや内容が大きく変わるとかはないと思います。というかたまに本屋で見ても大きく変わっていないです。

イラストや図解も豊富なので、文字による説明ばかりの参考書や数字がぎっしりのテキストよりも遥かに読みやすく、内容も理解しやすくなっています。

また、参考書内に基本問題と本試験問題、さらに応用問題も含まれているため、参考書を読みながら問題にも無理なく取り組めるようになっていて、吸収した知識をすぐにアウトプットでき効率的な学習に役立つ作りです。

タイトル通り、スッキり理解できる良書ですからぜひ学習に役立ててみてください。

余談になりますが、スッキリわかるシリーズは3級だけでなく2級用と1級用も発売されています。後に上位級を目指す方で3級からシリーズを愛用する方も多いようなので、3級以上を目指す方は最初からシリーズを通して利用するといいかもしれません。