資本金・引出金の仕訳と振替

資本金が増加した時の仕訳

貸借対照表の基本で登場した資本について、もっと詳しく解説します。

まず、資本とは、全体の資産から負債を引いた純粋な財産のことです。わかりやすく言うと、会社やお店を始めた時に用意したお金と実際に商売を始めた後で儲けた額の合計を指します。

この資本をさらに詳細にあらわしたものが資本金です。

会社を始める時にはたくさんのお金を用意しないといけませんから、借入をしたり株を発行して資金を集めます。しかし、3級では株式会社ではなく個人商店のような小規模なお店での処理を前提としていますので、ひとまずお店を始める時には自分で資金を用意すると考えてみてください。

経営者がお店の資金を用意することを元入れと呼びます。元入れしたお金は借入でなければ返済する必要がないので、資本金になります。

自分で自分のお店を始めるなら全てのお金は自分の物にも見えますが、実際はお店と個人では別です。

たとえば、「お店を始めるから現金1,000,000万円を用意しよう。」となった時、このお金が元入れした資本金になり、お店の資本となります。

ですから、自分で出したお金でも自分の財産ではなく、会社の資本金として処理しないといけません。これを仕訳であらわすと、以下のようになります。

  借方       貸方
現金1,000,000 資本金 1,000,000

自分がお金を出したから現金が減るのではなく、会社に現金が増えたと考えて仕訳をするのがポイントです。

また、商売で儲けが出た場合も資本金として処理しないといけません。この時は損益勘定を用いて仕訳をしていきます。

仮に100,000円の儲けがあった場合、以下のように仕訳をするわけです。

  借方       貸方
損益 100,000 資本金 100,000

減少した時の処理

出資とは逆に、会社の経営者がお金を持ちだした時は資本金は減少します。この時も資本金の減少を処理しておかないといけません。

仮に、現金100,000円を経営者が持ち出したら、以下のように仕訳をします。

  借方       貸方
資本金 100,000 現金 100,000

資本金の減少を借方に、現金の減少を貸方に持っていくわけです。

お金の持出しを例にあげましたが、たとえば備品などの固定資産や商品を持出した場合も、上記と同じ考え方をあてはめて処理をしないといけません。

さらに、経営者の自宅のインターネット代を会社が支払った場合なども同様です。問題によっては、「通信費のうち70%は会社で使用し残りは自宅で使用した」というように、全体の金額を分けてから仕訳をしないといけないパターンもあるので、注意しましょう。

また、お店がもしも赤字になった時も資本金は減少します。この時は損益勘定を貸方に記入して損失を計上しないといけません。仕訳は以下のような形になります。

  借方    貸方
資本金 〇〇 損益 〇〇

引出金を用いた仕訳

会社のお金をたまにしか持ち出さない場合は上記の処理で問題ありませんが、たびたび持出される場合は引出金勘定を用いて処理をすることもあります。

引出金勘定は資本金の減少をあらわしていますが、あくまで一時的な勘定科目です。そのため、仮払金や仮受金と同じような考えで、決算までには資本金に振り替えないといけません。

引出金の振替についてはひとまず置いておいて、先に仕訳方法を覚えておきましょう。とはいえ、資本金の代わりに引出金勘定を使うだけですから難しくはありません。実際に簡単な問題で練習してみましょう。

例題)店主が現金10,000円と備品10,000円を引出し、私消した。

私消(ししょう)とは、経営者や店主が私用目的でお金を使うことです。仕訳は引出金を借方に記入し、現金と備品の減少を貸方に記入していきます。

  借方      貸方
引出金 20,000 現金 10,000
        備品 10,000

なお、引出金勘定を用いた仕訳は例外パターンですから、問題文で指示がない場合は基本的に資本金勘定を使って処理するようにしましょう。

振替の話に戻りますが、引出金を用いて処理をしていた場合は決算で資本金に振り替える必要があります。引出金を貸方にもってきて、借方には資本金の減少を記入すれば振替完了です。

仮に上記の引出金を振り替えたら、仕訳は以下のようになります。

  借方      貸方
資本金 20,000 引出金 20,000

振替のし忘れだけ注意すれば仕訳は難しくありません。