仕入伝票・売上伝票の仕訳と起票

仕入伝票の仕訳と起票

仕入伝票とは、商品を仕入れた時に起票される伝票です。

仕入伝票

上記の仕入伝票を仕訳すると以下のようになります。

  借方     貸方
仕入 10,000 買掛金 10,000

仕訳をする時は入金伝票や出金伝票と同じようなイメージで、必ず借方には仕入をもってきて、貸方には伝票に書かれた勘定を記入します。考え方は入金伝票や出金伝票と変わらないので、難しくないですよね。

取引から仕入伝票に起票する時も仕訳を起票していきます。

例題1) 4月1日 A商店は商品15,000円を仕入れて、代金は掛けとした。

この取引を仕訳をすると、以下のようになります。

  借方     貸方
仕入 15,000 買掛金 15,000

日付と科目、金額を起票した仕入伝票が以下です。

起票した仕入伝票

売上伝票の仕訳と起票

売上伝票とは、商品を販売した時に起票される伝票です。伝票を順に学習している場合はスンナリ内容を理解できるのではないでしょうか。

売上伝票

上記の伝票を仕訳すると、以下のようになります。

  借方     貸方
売掛金 10,000 売上 10,000

売上伝票には売上の増加が書かれているので、貸方には必ず売上がきます。伝票に書かれた勘定が借方にくるのもすぐに理解できますよね。

取引から伝票に起票する時も、他の伝票と同じように処理していきます。

例題2) 4月1日 A商店は商品15,000円を売り上げ、代金は掛けとした。

上記取引の仕訳は以下のようになります。

  借方     貸方
売掛金 15,000 売上 15,000

これを起票した売上伝票が以下です。

起票した売上伝票

仕入伝票と売上伝票は5伝票制で使われますが、入金伝票や出金伝票と同様の考え方で仕訳・起票ができます。ただ、1つだけ注意しておきたいのは、戻しや割引も記入することがある点です。

戻しや割引は仕入時・売上時の逆仕訳をする形ですから、仕入伝票だったら貸方が仕入になり、売上伝票だったら借方が売上になります。要するに、通常の仕入伝票と売上伝票の逆になるわけです。

戻しや割引が書かれた仕入伝票や売上伝票が試験で出題される可能性は低いですが、念のため覚えておくといいでしょう。

余談になりますが、仕入伝票や売上伝票は本来2級で学ぶ内容で、3級で出題される可能性があるのはここまでに解説した内容です。

ですから、3級対策だけなら当記事の内容以上のことを無理に学ぶ必要はありません。もっと細かい内容は2級で出題されるので、基本となる仕訳と起票だけマスターし、後は問題を解いてみれば試験対策は十分です。