簿記3級第3問:試算表と財務諸表作成問題のワンポイント

第3問 試算表と財務諸表作成問題の攻略

第3問では表作成問題が出題されますが、指示される表は試算表もしくは財務諸表の場合があり、どちらがでるかは実際に受験してみないとわかりません。

ただ、表作成は仕訳と同じく簿記の基本になるため、どちらのパターンが出題されても対応できるようにしておくのが重要です。

事前の学習ではどちらか一方の問題に偏りすぎないように万遍なく学習し、いずれの表も問題なく作成できるようにしておきましょう。

第3問は3級の問題の中では配点も高く設定される場合が多く、完全に捨ててしまうと合格するのが厳しくなります。完成した表の一部に間違いがあっても、部分点はもらえます。ですから、回答に時間がかかっても優先的に取り組むべき問題です。

試験に合格するための重要度はもちろん、実用的なスキルをみにつけるという意味においても第3問は避けては通れない問題となっています。

試算表と財務諸表作成問題のワンポイント

試算表作成の場合

出題パターンが試算表の作成だった場合は、計算用紙を使って各取引の仕訳を順番に記入していきます。取引は問題文で資料があたえられますが、項目だけの時と日付順の場合があるので、どちらのパターンかをすぐに把握できるようにしておきましょう。

仕訳自体は頭で終わらせてしまうことも可能ですが、勘定科目や残高といった項目は取引ごとに下書きしておくのがポイントです。解答用紙に記入するのは全ての取引の仕訳が完了してからのほうが集計ミスを防げます。

なお、試算表とあわせて、売掛金・買掛金明細表への記入が指示される問題もあるので、そちらもおさえておくのが吉です。


財務諸表の場合

財務諸表はいくつか種類がありますが、3級では貸借対照表と損益計算書しかでません。なので、貸借対照表と損益計算書の作成法だけ理解しておけば十分です。

出題されたときは、問題文であたえられた試算表から空欄に入る勘定や金額を推測しつつ作成する必要があります。

問題に取り組みはじめたら、最初に試算表にある勘定科目を「貸借対照表のものか?」「損益計算書のものか?」とわけておくのがコツです。

とはいえ、貸借対照表や損益計算書に勘定が書かれているケースも多いので、直接記入して試算表の科目と金額を順番に消すという方法でもかまいません。

決算整理が完了した金額が載っている問題は仕訳すら不要なので、出題されたらラッキーではないでしょうか。

財務諸表作成問題も事前の学習で繰り返し解いておき、パッとみただけでどっちの表のどの位置にくる項目かが判断できるようになっておくのが理想です。


第3問は表を作成する以前に仕訳だけでも時間をとられる可能性があります。時間も気になるところなので、ついつい焦ってしまうかもしれませんが、仕訳を間違うと最終的にできあがる表の数字が合わないという事態になりかねません。

最悪なのは仕訳からやり直しというケースで、一部の間違いを正すために最初からやり直すには計算スピードも重要になってきます。こうなるとスピードに自信がない方は一気に苦しくなってしまいます。ですから、一つ一つの取引を正確に処理できるまで繰り返し練習しておくのはもちろん、慌てすぎないように落ち着いて取り組むのも大切です。

場合によっては得意先元帳や仕入れ先元帳の作成が余計に出題されることもあるので、他の問題よりも多めに時間を確保し、余裕をもって取り組めるようにしておくのが重要ポイントになります。