損益計算書に記入する項目と基本形式および必要性

損益計算書に記入する項目

損益計算書とは会社の業績をあらわした表のことで、簡単にいうと「どうやって、どのくらい儲けたか?」を明らかにするのが目的です。表の中に収益と費用の2項目を記入していき、費用から収益を差し引いて利益を求めます。

収益というのは売上や利息などによってお金が入ってきたことをあらわす項目です。費用は収益を得るためにかかったお金のことで、従業員の給料などが費用にあたります。

利益と収益は似ているようでまったく意味が違います。

たとえば、100万円の売上があったからといって100万円儲かったわけではありません。100万円を売り上げるために費用が50万円かかったならば、100-50=50で、儲けは50万円です。

仮に費用が150万かかっていたら50万円の赤字なのですから、儲かるどころか損をしていることになります。つまり、利益とは純粋に儲かったお金のことで、簿記では純利益と言います。

損益計算書は一般的に1年間を対象に計算していきますが、この1年間を会計期間と言って始まりを期首、終わりを期末と言います。損益計算書によって明らかになるのは1年間の純利益ですから、これを当期純利益と言うわけです。

1年間で純粋に儲かったお金は会社の資本金にプラスされていくので、以下の式が成立します。

期首資本+当期純利益=期末資本

逆に、期末資本から期首資本を差し引けば当期純利益が求められるわけです。

基本形式

損益計算書の形式も貸借対照表と同じように借方と貸方に分かれています。借方に費用を記入して貸方に収益を記入するのが損益計算書の基本形式です。さらに、収益から費用を引いて求めた利益を借方に記入します。

損益計算書

貸借対照表と同じく、損益計算書でも借方と貸方の金額は必ず一致するようになります。これを損益計算書等式といって、以下の式であらわします。

費用+利益=収益

上記の式は「収益-費用=利益」であらわすこともできますが、意味はおなじですし理屈がわかれば無理に覚えなくても大丈夫です。

また、利益がでなくて赤字になった場合は、損失として貸方に記入する点も一応覚えておきましょう。

損益計算書の必要性

貸借対照表の意味がわかっている方は、「損益計算書はいらないのでは?」という疑問があるかもしれません。というのも、儲けを明らかにすることだけが目的ならば、貸借対照表だけで事足りるからです。

貸借対照表の期末資本から期首資本を差し引けば利益が求められるので、利益は簡単に把握できます。

しかし、貸借対照表だけでは「儲かった」という事実はわかっても「どうやって?」の部分がわかりません。

会社の儲けといっても必ずしも商売の結果だけとは限らず、利息などで儲けが出た可能性もあります。ですから、損益計算書では収益と費用の内容も記載して「何でお金が入ってきた?」「何でお金を使った?」という点まで明らかにするのです。

これによって、貸借対照表ではわからなかった「どうやって儲けた?」という部分もわかるようになります。

正確に会社の業績を把握するためにも損益計算書は必要不可欠な表というわけです。