簿記3級を取得したらさらに上の資格を目指してスキルアップ

3級取得後のスキルアップ

簿記3級で学習する内容は会計・経理関係では基本的な知識ばかりなので、3級取得後にはさらに上の資格を目指すのがキャリアアップにはオススメです。3級の内容が理解できないと手がつかないものから似た内容を学ぶものまで、簿記の知識が求められる資格はたくさんあります。

3級取得直後、スムーズに学習を始めやすいのはやはり2級ですね。2級は商業簿記が少し難しくなり、工業簿記も新たに加わるので難易度があがるのはたしかですが、3級と同時受験でも合格可能なレベルですから2級のみに絞って学習するのはいいと思います。

1級はけた違いに難しくなるので、3級に合格したばかりの方には厳しいものです。もちろん、高い志でチャレンジする分にはいいと思いますけど、1級>>超えられない壁>2級>3級なのは覚えておきましょう。

別資格で特に簿記の内容と似ているのがファイナンシャルプランナー技能士です。資格の難易度は2級よりやや難しい印象ですが、1級ほどではないので3級に合格できればまったく意味がわからないなんてことはないはずです。

ファイナンシャルプランナーは個人の資産や生活設計の資金繰りをアドバイスする仕事ですから、需要も多く有資格者は重宝されるのではないでしょうか。

さらに上の資格を目指すなら?

簿記の知識がある方が目指すさらに上の資格といえば「税理士」「公認会計士」「社会保険労務士」があります。いわゆる士業と言われるもので、いずれも就職や転職に役立つどころか独立まで狙える資格です。

当然ですが、難易度はどれもかなり難しいので、3級に受かったばかりで目指すのは正直無謀だと思います。簿記1級がけた違いに難しいとお伝えしましたが、税理士や公認会計士では1級で学ぶ内容が試験全体の一部になっています。

なので、1級に合格できるレベルか、最悪内容が理解できる程度ではないと合格は不可能です。逆に言うと、3級合格後から2級、1級と順番に学習していき、かなり深いところまで簿記の知識が備わってきたら、上級資格の合格も決して夢ではありません。

税理士はそれでも学ぶ内容が多いですが、社会保労務士や公認会計士の勉強は簿記1級程度の知識がある状態ならかなり楽になるはずです。特に公認会計士は知識0の状態から始めた場合と比べて、学習の苦労は半分程度になるのではないでしょうか。

最終的にどの資格を目指すかは人それぞれですし、そもそもそこまでを目指していない方も少なくないと思います。ただ、せっかく3級の勉強をして基本知識をつけたのに、それを活かさないのはもったいないです。

簿記3級だけで大きく有利になることもありませんから、さらなるステップアップ、ご自身のスキルアップのためにも新しい目標を立ててみてはいかがでしょうか。

学習の取り組みやすさを考えると、ひとまず2級やファイナンシャルプランナーあたりを目指すのがいいと思います。