簿記3級の学習をどのようにすすめたのか?

テキストから練習問題まではこう進めた

人それぞれ学習方法は違いますしやり方に正しいも間違いもないとは思います。それに、簿記3級に限って言えば、どんな方法であれ勉強すれば合格は難しくないはずです。

「そうはいっても合格した人がどうやって勉強したか気になる」という方もいるのではないでしょうか。参考になるかどうかはわかりませんが、独学+初受験+アホの僕がどのように学習をすすめたのかお伝えします。

学習を始めた最初期は用意したテキストを読みすすめます。一気に読み終えても一度で全てを吸収するのは不可能に等しいので、論点や章区切りですぐに練習問題を解きました。

テキストを一気読みしてから問題に取り組んでも、最初の頃に学んだことを忘れている可能性が高いですから、テキスト少し読む⇒練習問題少し解くという方法でゆっくりとテキストを読み終えます。

テキストを読んですぐに取り組む問題は過去問ではなく、テキスト内にある簡単な例題や本試験よりも少し難易度の低い練習問題を選びます。テキストを読んで基本がわかった程度の状態では実際の問題を解くには知識が不十分だからです。

この方法はテキストに集中して読むよりも読み終えるのに時間がかかりますが、取引ごとの仕訳を理解しやすく、問題集にもスムーズに取り組めます。

以上のような方法でテキストを全て読み終わったら、今度は練習問題を一気にときます。すでに例題を一通り解いているので問題がどこから出題されているかがわかりやすいですし、聞いたことのない話とかはありません。テキストを最初に読むパターンだと、理解しきれていない部分が出てきたときに「何の話をしているのか」混乱していたと思います。

過去問題を繰り返し解いて問題に慣れる

簡単な練習問題を繰り返していると計算にはある程度慣れてきますが、本試験の問題には対応できません。そこで、ある程度理解が深まったら本試験と同じレベルの問題に慣れるため、過去問題集をメインにした学習方法に切り替えていきます。

過去問題に取り組んでも最初はうまく得点できないかもしれませんが、本試験レベルの問題に慣れるためには避けて通れません。嫌になるほど得点が悪くて落ち込んでも、間違った問題の確認をして正解の仕訳や集計などを自分でやり直しました。

これはけっこう重要なポイントで、正解の数字や表を見て「あ~そっか」と納得するだけではなく、必ず自分でやり直すのが大切です。すごく面倒ですが、これをしないと「わかったつもり」になってしまって違う問題で同じようなミスをしてしまいます。間違った問題は正解できるまでしつこく解くようにしましょう。

過去問レベルの問題になかなか慣れない場合は、問題数をたくさん解くよりも答えをみながらでもいいので正しい仕訳や帳簿の記入方法などをやってみるのがいいと思います。たとえ答えを知っている状態でも自分で実際に仕訳をして集計して、と手順を踏めば「わかる」から「できる」に変わっていきます。

試験直前は予想問題を解く

試験直前には予想問題集を使用して学習をすすめます。

「予想問題はしなくてもいい」という意見もあるようですが、個人的には最後の仕上げに予想問題集を使うべきだと思います。

というのも、過去問を繰り返し解いていると問題や解答を覚えてしまうことがあり、自分で考えたり計算しているのではなく、「暗記したことを解答用紙に書いているだけ」という状態になるからです。簡単な仕訳問題なんかは無意識にこの状態に陥りやすくて、これでは勉強する意味が薄れてしまいます。

また、予想問題に取り組んで数字や取引が違う問題でもスムーズに解答できるようにしておくのは重要です。さらに、試験時間と同じ2時間で初見問題を解ききれるのかを確認する意味もあります。時間が厳しいようなら当然、計算スピードをあげないといけませんから、これが本番までにやっておくべき課題と把握できるわけです。

そういった理由から予想問題には少なくとも1度は取り組むことをオススメします。

大雑把ですが、僕は以上のような流れで3級の学習をすすめていきました。

必ずしも正解の方法とはいえませんが、実際に合格できた勉強法なのは確かですから、1ミリでも参考になれば幸いです。