商品売買の仕訳【分記法と3分法】

商品売買の仕訳

商品売買の仕訳方法には、分記法、3分法、総記法など色々な種類があります。総記法は実務でも試験でも触れる機会はほぼありませんから、覚える必要はありません。

分記法は商品を購入した時などに、商品という資産が増えたとして仕訳する方法です。考え方自体は小切手を振出した時の仕訳などで何度かでてきていますが、たとえば、10,000円の商品を現金で買った仕訳を分記法で処理すると以下のようになります。

  借方     貸方
商品 10,000 現金 10,000

現金だけに注目して仕訳をする時と理屈は同じなので、簡単だと思います。仮にこの商品を20,000円で販売して、代金を現金で受け取った場合の仕訳は以下です。

  借方     貸方
現金 20,000 商品 10,000
      商品売買益 10,000

元々10,000円で買った商品を20,000円で売ったので、利益が10,000円あります。この10,000円は上記のように、商品売買益として処理します。

分記法はわかりやすくて簡単な仕訳方法ですが、販売毎に仕訳が必要で手間がかかるのが欠点です。そのため、大量の商品や色々な種類の商品を扱うお店では実用的な仕訳方法とは言えません。

試験でも分記法が問われるケースは少ないですが、考え方自体は他の取引の仕訳にも通用するので覚えておきましょう。

3分法での仕訳

試験でもメインで問われて実務でも一般的に使われている商品売買の仕訳方法が3分法です。3分法では、仕入、売上、繰越商品の3つの勘定を用いて仕訳を行っていきます。

仕入勘定は商品を仕入れたときの費用で、売上勘定は商品を販売した時の収益です。

繰越商品勘定というのは、期末に残った商品を繰り越すときに使う勘定で資産に分類されます。繰越商品勘定は決算で必要となりますが、今は言葉だけイメージできておけば大丈夫です。

分記法では商品を買ったら資産が増えたものとして仕訳をしていましたが、3分法では商品を買ったら仕入という費用になります。仕入というのはようするに売上のために必要な費用ですから、このような違いがあるわけです。

練習として、たとえば、10,000円の商品を現金で買った仕訳を3分法であらわすと以下のようになります。

  借方     貸方
仕入 10,000 現金 10,000

この商品を20,000円で売って代金を現金で受け取った場合の仕訳を3分法であらわすと以下です。

  借方     貸方
現金 20,000 売上 20,000

慣れれば難しくありませんが、3級では3分法がメインの仕訳になるので、色々な問題を繰り返し解いておくのが重要です。

また、本試験でも特に指示がない場合は3分法で仕訳をしないといけません。問題文で「分記法で仕訳しなさい」と指示されない限りは、3分法で仕訳をするのが基本です。