仕入諸掛と売上諸掛の仕訳

仕入諸掛の処理

商品を購入する時には、本体の代金だけでなく送料などの費用が必要なこともあります。こうした購入時に必要な費用を仕入諸掛と言います。

仕入諸掛は仕入に含めて仕訳をしないといけません。たとえば、商品10,000円を現金で購入して引取運賃1.000円も現金で支払った場合の仕訳は以下のようになります。

  借方     貸方
仕入 11,000 現金 11,000

上記のように仕入諸掛も仕入とあわせて処理をします。これは費用収益対応の原則にもとづいた処理ですが、この原則は1級の会計学の内容なので知る必要はありません。

「仕入諸掛は仕入に含めて処理するもの」とそのまんま覚えて仕訳をしていきましょう。

なお、仕入諸掛の仕訳は商品だけでなく、建物や備品などの固定資産、株などの有価証券の場合も同様です。

売上諸掛の処理

商品購入時とは逆に、販売した時にも送料などの費用が必要なときがあり、こうした費用を売上諸掛といいます。売上諸掛は仕入諸掛とは違って、発送費という費用の科目で処理をしていきます。

たとえば、10,000円の商品を掛で販売して発送費1,000円を現金払いした時の仕訳は以下です。

  借方     貸方
売掛金 10,000 売上 10,000
発送費 1,000  現金 1,000

売上諸掛は基本的に売り手が負担しますので、問題文で指示がない場合は売り手の負担として処理します。ただし、買い手側が費用を負担するとしている場合はそのように処理をしないといけません。

買い手が費用の負担をする場合、売り手が費用を立て替える形になります。この時は発送費ではなく、立替金勘定で処理をしておけば費用は買い手の負担とわかるわけです。

立替金は後でお金がもらえるものですから、資産に分類されます。

また、商品代金とあわせて費用も支払ってもらえる場合もあり、その時は売掛金に含めた処理をすることもできます。

たとえば、10,000円の商品を掛けで販売して、先方負担の発送運賃1,000円を現金で立て替え払いした時の仕訳は以下です。

  借方     貸方
売掛金 10,000 売上 10,000
立替金 1,000  現金 1,000

さきほどの仕訳の発送費のところが立替金になっただけですが、発送費は費用で立替金は資産です。まったく意味が変わってくるので、この点は注意しておきましょう。

なお、売掛金はあくまで商品を売ったことへの勘定で売上諸掛とは別ものです。そのため、売上諸掛は基本的に立替金として処理します。

ただし、問題によっては「立替金を売掛金に含めなさい」とか「立替金勘定で処理しなさい」といった指示をされることもあるので、そうした場合は問題の指示に従って仕訳をしないといけません。

問題によって使用する勘定や仕訳方法が微妙に変わるため、色々なパターンの問題に取り組むと理解が深まります。