消耗品・消耗品費の仕訳

消耗品を資産計上する方法

消耗品とは、一度の使用でなくなるものや長い期間は使えないものです。ペンや消しゴムなどの文房具、プリンターのインクやハガキなど、消耗品は日常生活で使う機会も多いですよね。

こうした消耗品も決算整理で処理する必要がありますが、消耗品には2つの処理方法があります。1つは消耗品を資産として計上する方法で、もう1つは消耗品費勘定を用いて費用計上する方法です。

消耗品勘定は、鉛筆や消しゴムなどの消耗品そのものを指す資産勘定になります。一方、消耗品費勘定は消耗品の購入・使用時にかかる費用を指す勘定です。ほとんど同じように見えますが、実際はまったく違う意味ですから注意しておきましょう。

まずは消耗品を資産計上する方法から解説していきます。

資産計上する方法では、消耗品を購入した時からすでに資産の増加として処理をします。たとえば、消耗品10,000円を現金で購入した時の仕訳は以下です。

  借方      貸方
消耗品 10,000 現金 10,000

消耗品という資産の増加と現金という資産の減少は仕訳から判断できますよね。

仮に決算を迎えた時点でこの消耗品が4,000円使われていたとすると、消耗品という資産からその分を減少させないといけません。

このことを仕訳であらわすときに、貸方には消耗品がきて、借方には消耗品費がきます。

  借方      貸方
消耗品費 4,000 消耗品 4,000

消耗品費勘定によって消耗品に関する費用が減少したことがわかり、貸方の消耗品で資産の減少も明らかになるわけです。

もしも、この状態で財務諸表を作成する場合、損益計算書に計上する消耗品費は4,000円となります。貸借対照表の消耗品は、10,000-4,000=6,000円ですから、勘違いに注意です。

消耗品を費用計上する方法

2つ目の処理方法は消耗品を購入した時に資産の増加ではなく、消耗品費という費用を計上する方法です。上記の消耗品費とは違って、購入にかかった費用と考えて仕訳をしていきます。

先ほどと同じ例の備品を消耗品費を用いて仕訳すると以下のようになります。

  借方      貸方
消耗品費 10,000 現金 10,000

この仕訳によって、購入の段階で既に費用計上されているのがわかります。

決算になったら今度は振替をするわけですが、先ほどとは逆に、使っていない分を計上して費用から減らさないといけません。

仮に上記の消耗品のうち6,000円分が未使用ならば、仕訳は以下のようになります。

  借方      貸方
消耗品 6,000 消耗品費 6,000

貸方の消耗品費は購入した時に計上した費用のうち、未使用分を減らしたことをあらわしています。そして、借方で使っていない消耗品の増加を処理しているわけです。

結局のところ、買った分を随時資産に追加して後で使った分を費用計上するか、あるいは最初に全部費用にして残った分を資産として残しておくかという違いがあるだけです。

どちらの方法で仕訳をしても、最終的に財務諸表に記録される金額は変わりません。

ただ、試験対策を考えた場合、問題文がどちらの方法で処理しているかを見極める必要があります。処理方法は試算表に載っている勘定科目で判断可能です。

消耗品勘定があれば、購入の時点で資産計上されています。逆に消耗品費勘定があれば、その試算表では消耗品を購入時に費用計上しているわけです。

それがわかれば使用分、または未使用分を仕訳して正確な金額を導けます。問題によって変わるので、色々なパターンにチャレンジしておくのがオススメです。