た行の簿記用語集

『た行』の簿記用語を解説

「た」

貸借対照表 財政状態を資産、負債、純資産の3つの項目であらわす表。損益計算書と同じく簿記の主目的なので作成できないと合格は難しい。
立替金 立て替えて支払ったお金。お金を支払ったものの、あとで返ってくるので費用にはしない。立替金という資産として処理する。または売掛金でも可能。
他店商品券 よそのお店の商品券を受け取り、自分たちが販売した時の処理に用いる科目。商品券はあとで商品を渡すので負債になりますが、他店商品券はあとでお金をもらえるため資産になります。2つの違いは注意です。

「ち」

直接法 減価償却費の仕訳方法のひとつ。仕訳の流れを考えても間接法が原則といえますし、実際試験の大半は間接法のです。ただごくまれにでてくるので一応学習しておくのが吉。

「つ」

通貨代用証券 郵便局や銀行に持っていくことで現金に換えてもらえる券。簿記上の現金とは通貨だけでなく通貨代用証券も現金として処理していきます。

「て」

定額法 減価償却の計算方法のひとつ。他にも定率法や級数法など色々あるが、3級では定額法をおさえておけばOK。
手形法 手形に関する法律。約束手形や為替手形はこの法律の中で規定されている。簿記3級を学ぶ上ではあまり重要ではありません。
転記 仕訳を勘定に書き写すこと。仕訳をしたら転記するのが原則。基本的に仕訳内容をそのまま書けばいいですが、日付や相手勘定科目よりも金額が重要な点に注意。

「と」

当座預金 決済用の口座。お金を貯める目的はなく支払いのためのものです。そのため、通常の預金と異なり利息がつくこともありません。
当店 問題文で当店と出てきたときには主語となるお店を指す。紛らわしい言葉で同店があるが、こちらは直前に出てきたお店を指しているので勘違いしないように注意。
取引 簿記上における取引とは資産、負債、純資産、収益、費用を変動させることがら。商品や現金のやりとりなど、一般的な取引も当然含まれるが、火災や盗難による損失も取引と考える点に気をつけよう。