貸借対照表に記入する項目と基本形式

貸借対照表に記入する項目

貸借対照表とは、簡単にいうと会社にどれくらいのお金があるのかをあらわした表です。表で明らかになる財政状態は、資産・負債・純資産の3つの項目から成り立ちます。

資産とは会社の財産のことですが、現金だけでなく売ればお金になる建物や土地なども資産です。「あとでお金をもらえるものやお金と同じくらい価値のあるものが資産分類」と考えるとわかりやすいのではないでしょうか。

負債とは一言で言うと借金ですが、これもお金だけではなく将来的にお金を払わないといけないもの全て負債に該当します。支払い義務などが発生するツケなども負債に分類されるわけです。

純資産というのは財産から借金を差し引いた時にのこる資産のことをいいます。純資産の中にはもっと細かく色々ありますが、3級では資本しか出ませんから「純資産=資産」と考えて問題ありません。

資本とは、お店を開いたり会社を始める時の元手となる資金や実際に会社があげた利益を指します。

用語に関しては学習していくうちに自然と覚えていきますから、なんとなくイメージだけおさえておけば十分でしょう。

貸借対照表の基本形式

貸借対照表は左側と右側に分かれて記入していきますが、左側を借方、右側を貸方といいます。かりかたの「り」の左払いで借方が左、かしかたの「し」の右払いで貸方は右と覚える方法は有名なので覚えておきましょう。

借方と貸方の覚え方

貸借対照表の借方には資産が記入され、貸方には負債と純資産が記入されます。

貸借対照表

図のように借方と貸方のバランスがとれていることから、貸借対照表はバランスシート、あるいは略してB/Sと表現することもあります。

言葉は特に重要ではありませんが、絶対に覚えておきたいのは貸借対照表における借方と貸方の金額は必ず同じになるという点です。会社の全財産(資産)から負債を差し引いたものが純資産ですから、貸借対照表の借方と貸方がずれることはありえません。

言い換えるならば、負債と純資産の合計は必ず資産と同じ額になり、これを貸借対照表等式といって、以下のようにあらわします。

資産=負債+純資産

また、資産から負債を差し引いた純資産は資本ですから、「資産-負債=資本」という式も成り立ち、これを資本等式といいます。

こうした式は貸借対照表の借方と貸方が常に同じ金額だからこそ成り立つ式で、これを貸借平均の原理といいます。

貸借対照表等式や資本等式、貸借平均の原理といった言葉を無理に覚える必要はありませんが、資産や資本の算出方法と貸借対照表の借方と貸方が一致する点は絶対に覚えておきましょう。