立替金・預り金の仕訳

代わりに支払ったりお金を預かるケース

売上諸掛のところで少しだけでてきた立替金についてもう少し詳しく解説していきます。

まず、立替金勘定を使った仕訳は誰かの代わりに支払いをした時です。立替金はお金を支払ったものの、後でもともと支払い義務があった人からお金をもらえるので資産に分類されます。

売上諸掛のおさらいになりますが、商品売買において買い手が負担すべき手数料を売り手が立て替えた場合が立替金が登場する代表例です。

他に3級でよく出てくる立替金勘定を用いるケースは給料の前貸しがあります。前払金と勘違いしやすいので、ここは特に注意しておきましょう。

逆に、誰かのお金を預かった場合は預り金という負債の勘定を使います。言葉のイメージから考えると直接現金を預かるのが預り金ですが、試験でも頻出するのは社会保険や所得税です。

現在仕事をされている方やアルバイトをしている方は、給料から税金などが引かれているという気持ちになるかもしれません。

しかし、本来は自分で計算して支払わなければいけないお金を会社が給料から預かって納めてくれているのです。会社からすると差し引いたのではなく、支払うべきお金を預かった形になるので、預り金として処理していきます。

立替金・預り金の処理

立替金は資産ですから支払ったら借方にもっていき、お金を払ってもらったら貸方にもっていきます。問題で立替金を用いる指示がない場合は売掛金に含めて仕訳してもかまいません。

たとえば、従業員に給料の前貸しで現金10,000円を渡した場合の仕訳は以下のようになります。

  借方     貸方
立替金 10,000 現金 10,000

預り金は負債ですから受け取った時は貸方へ記入し、支払った時は借方へ記入する形で処理をします。

仮に従業員への給料10,000円を、所得税の源泉徴収分1,000円差し引いて現金で支払った場合の仕訳は以下のようになります。

  借方     貸方
給料 10,000 預り金 1,000
        現金 9,000

なお、預り金は内容が所得税なら所得税預り金、社会保険料なら社会保険預り金と細かく名称を使った仕訳をすることもあります。

ただし、名称を頭にくっつけるだけなので、具体的な種類まで無理に覚える必要はありません。仕訳方法と具体的内容があることだけ頭に入れておけば十分でしょう。