手形貸付金・手形借入金の仕訳

手形を使ったお金の貸し借り

約束手形為替手形では商品売買取引を前提とした仕訳方法を解説しています。しかし、手形というのは商取引以外で使われるケースもあり、その代表が金融取引です。

金融取引とは資金の貸借取引を指し、簡単にいうとお金の貸し借りを言います。要するに、金融取引で手形を用いるというのは、お金を借りたり貸したりした時に手形を振出したり受け取ったりすることです。

お金の貸し借りをする時、通常は借用証書という書面を借りた人が貸した人に渡します。借用証書というのは、「誰が誰にいつお金を貸したか?」や「支払いの期日」などが記載されている借金の証明書です。

お金を借りる時に借用証書の代わりとして手形を振出すこともできます。なぜなら、手形にも「いつまでに誰に支払うか?」ということが書かれているからです。

借用証明を作成するよりも手形を振出すほうが簡単なケースも多いですから、こうした利用方法は珍しくありません。

手形貸付金と手形借入金の仕訳

借用証明書の代わりとして手形で貸し借りしたお金はそれぞれ、手形貸付金・手形借入金として処理します。

念のための確認ですが、借入金が借りたお金で貸付金が貸したお金です。

手形を振出したり受け取ったりして、結局お金を払ったりもらったりするわけですから、支払手形や受取手形で処理するように感じますが、簿記では商取引と金融取引をごっちゃに処理してはいけません。

そのため、手形貸付金と手形借入金の仕訳では商取引による受取手形や支払手形といった勘定科目は使わず、区別しておく必要があります。

具体的な仕訳方法ですが、お金を貸して手形を受け取った場合は手形貸付金勘定で処理をします。手形貸付金は後でお金がもらえるので資産分類です。

  借方     貸方
手形貸付金 ○○ 現金 ○○

逆に手形を振出してお金を借りた場合は、手形借入金という負債で処理をします。

  借方     貸方
現金 ○○ 手形借入金 ○○

手形貸付金も手形借入金も手形を用いたかどうかという点以外は結局のところ貸付金か借入金です。ですから、単に貸付金、借入金として処理することはできます。

支払手形勘定と受取手形勘定は使えない点だけ注意しておきましょう。

なお、手形貸付金や手形借入金はお金の貸し借りですから、利息も発生します。利息を受け取るときは収益、支払う時は費用という点もあわせて覚えておけば仕訳自体は難しくありません。