簿記の目的と必要性

簿記の意味と目的

簿記とは?

簿記の正式名称は帳簿記録といって、帳簿記録の真ん中の言葉を抜き出して簿記と略すのが一般的です。簿記3級の範囲では言葉の意味は問題になりませんので、「帳簿記録の略が簿記」と覚えておくだけで十分でしょう。

簿記の目的

言葉の意味はさておき、学習を始めるにあたって簿記の目的を知っておくのは重要です。

帳簿に記録を残しておくことで、貸借対照表と損益計算書と呼ばれる2つの表を作成できます。貸借対照表は会社にどの程度お金があるのか?といった財政状況をあらわす表で、損益計算書はどれくらい儲かったか?あるいは損したか?という業績をあらわす表です。

貸借対照表と損益計算書を作成することで会社は財政状態を把握でき、売上アップ、無駄な経費の削減といった改善が可能になります。

ようするに、お金の流れを把握できる2つの表を作成するための大切な記録を残しておくのが簿記の目的です。

貸借対照表と損益計算書は会社経営者の多くが何も見なくても内容を記憶しているくらい重要な表といわれているので、それらの表を作成するために欠かせない簿記もまた同じくらい重要なものなのです。

簿記の必要性

簿記によって作られる貸借対照表と損益計算書は会社経営には必要不可欠なものですが、会社のためだけに存在するものではありません。会社の財政状況を知るために貸借対照表と損益計算書を必要としている人は、社会には大勢います。

経営者をはじめ、株を購入する投資家や融資をする銀行に取引先企業、従業員や労働組合といった多くの利害関係者にとって、貸借対照表と損益計算書は財政状況を知る重要な手がかりとなるものです。

また、会社が税金を納める時にも貸借対照表と損益計算書が必要とされます。

このように、自分たちのための記録にとどまらず、社会的にも2つの表は重要な存在です。貸借対照表と損益計算書がなければ、多くの人が会社の状況を知ることはできません。そして、それらの表を作成するのが目的の簿記もまた、様々な人が必要としているものなのです。