当座預金と小切手・自己振出小切手の仕訳

当座預金と小切手の仕組み

当座預金とは、簡単に言うと支払専用の口座です。普通預金や定期預金のように貯金を目的に使用するのではなく、商品代金の支払いなどを目的に利用されます。

当座預金は利息がつきませんが、小切手を振出すことで支払いをラクにしてしてくれるものです。たとえば、商品を仕入れたときに代金を小切手で支払えば、現金のやりとりをしなくても決済ができます。

小切手を受け取った側は、それを銀行に持っていけば即座に現金を受け取れます。銀行はどこからお金を出すか?というと、小切手を振り出したお店や会社の当座預金から出すわけです。

小切手を振出すということは、受け取った人がいずれ銀行にもっていってお金に換えてしまいます。つまり、今すぐではなくても自分の当座預金からお金がなくなってしまうわけです。

ですから、簿記では小切手を振り出した時に当座預金からお金がなくなったと考えて仕訳をします。

たとえば、10,000円の商品を買って小切手を振出して代金の支払いをした場合の仕訳は以下です。

  借方      貸方
商品 10,000 当座預金 10,000

一方、小切手を受け取った側も同じ考え方で、小切手を受け取った時に資産の増加として処理します。小切手は現金として処理する点だけ注意して仕訳すると、以下のようになります。

  借方      貸方
現金 10,000  商品 10,000

自己振出小切手の処理

小切手は銀行でお金に換えてもらえるものですが、受け取った人は必ず現金化しないといけないわけではありません。よそから受け取った小切手を他の人への支払いに使ってもいいわけです。

つまり、小切手は一度世に出てしまえば現金となんら変わらない形で色々な人の手に渡ります。そうした役割も簿記では小切手を現金として処理している理由です。

受け取った人が現金化するにしても、他の誰かに渡すにしても、小切手を振り出した人からすると当座預金からお金がなくなる事実は変わりませんから、仕訳では当座預金の減少を処理します。

しかし、小切手が色々な人のところを巡り巡って自分のところに返ってくることもあります。これが自己振出小切手です。

自己振出小切手を受け取った場合、自分の当座預金からお金が減らなかったことになります。ただ、当座預金の減少は小切手を振り出した時に処理してしまっています。

そこで、自己振出小切手は当座預金の増加として処理をして元に戻すわけです。

たとえば、10,000円の商品を売り上げて代金を自己振出小切手で受け取った時の仕訳は以下のようになります。

  借方       貸方
当座預金 10,000 商品 10,000

自己振出小切手を現金ではなく、当座預金に注意するだけなので簡単だと思います。ただ、問題ではもっと複雑で難しいケースもあるので、基本をおさえるだけでなく過去問などでの学習は必須です。