当座借越の仕訳

当座借越とは?

小切手を銀行に持っていくと振出した人の当座預金からお金が支払われますが、もしも当座のお金が不足していた場合、銀行は支払いができません。

かといって、当座の残高がちょっと足りないくらいで小切手が現金化できないと不便ですよね。そこで、万が一当座預金が足りない事態があっても銀行が代わりに支払ってくれる契約があり、これを当座借越契約といいます。

銀行と当座借越契約を締結しておけば、当座預金の残高を気にせずに安心して小切手を振出せるわけです。

ただし、あくまで銀行は立て替えてくれているだけですから、もしも当座預金の不足分を銀行に負担してもらったら後で返済しないといけません。要するに、当座借越というのは事実上の借金になるわけです。

なお、小切手を振り出した側の当座借越に対して、銀行からの当座貸越という言葉もあります。銀行からしたら後でお金を返してもらえるわけですから、当座貸越は借金ではありません。これは3級では特に重要ではないので、用語だけ頭の片隅にとどめておくといいでしょう。

当座借越の処理

当座借越の仕訳は、当座預金の残高分を貸方に記入してから残りを当座借越とします。

たとえば、10,000円の商品を買って小切手を振り出したけど、当座預金に6,000円しかなかった場合の仕訳は以下です。

  借方      貸方
商品 10,000 当座預金 6,000
       当座借越 4,000

当座預金から減らせるのはあくまで残高の範囲で、不足分が借金になります。それを当座借越として貸方に記入していくのがポイントです。

当座預金と当座借越の2つの勘定科目を用いたこの仕訳を2勘定制といいます。ただ、2勘定制は当座預金の残高がいくらあるのかを正確に把握していないと、仕訳ができません。

「自分の口座にいくら入っているかわからないなんてあるの?」と思うかもしれませんが、1日に何度も小切手を振出すような場合には小切手を振り出した時点での当座預金の残高がわからないことがあります。

ですから、このようなケースでは例外的に当座預金と当座借越を合わせて当座勘定として処理します。

先の例を当座勘定で処理した仕訳は以下です。

  借方      貸方
商品 10,000  当座 10,000

当座勘定が最終的に借方にきたら当座預金という資産であり、貸方にきたら当座借越という負債であるとわかります。

この仕訳方法は例外的なやり方なので、通常は2勘定制で仕訳をします。試験対策ではどちらもできないといけませんから、両方の仕訳方法を覚えておくようにしましょう。