受取手形記入帳の書き方と仕訳

受取手形記入帳の記入方法

受取手形記入帳とは、受取手形の増減を記録する補助簿です。手形の種類をはじめ、振出人や受取人、手形の満期日、手形が結局どうなったのか?といった詳細が記録されます。

さっそく以下の取引を例に記入方法を見ていきましょう。

4月11日 A商店に商品10,000円を売り上げ、約束手形#22(満期日5月31日、支払場所:B銀行)を受け取った。
5月31日 約束手形#22の満期日となり、当座預金口座をとおして決済された。

大前提として覚えておきたいのは、受取手形記入帳は手形を受け取った時に記入する点です。「手形の受け取り=書かれた金額を受け取る権利の発生」なので、最終的に手形がどうなったとしても受け取りの段階で記録しておかないといけません。

それを踏まえて上記の取引を記入すると、以下のようになります。

受取手形記入帳の記入例

色々な項目がありますが、日付や手形の種類、番号などはそのまま記入します。

摘要欄はメモ代わりに使う場所ですが、受取手形記入帳には取引を仕訳した時の貸方を記入するほうがわかりやすいです。

振出人または裏書人や振出日、支払日、支払場所、手形金額などもそのまま記入していきます。

基本的には問題で指示された内容を記入するだけなので、難しくありません。

大事なのはてん末欄で、ここは「結局手形がどうなったのか?」を記録する場所です。例では満期日になって当座預金口座に入金されたので、当座入金と記入しています。

他に記入されることがあるのは、裏書や割引などです。最終的に手形がどうなったかを追えば、何を書けばいいかわかるのではないでしょうか。

仕訳のやり方

3級の試験では、受取手形を記入させる問題よりも受取手形の内容を仕訳させる問題のほうが出題されやすいです。記入されている受取手形記入帳が出てきたときは、まず日付、摘要、金額、てん末を優先的に確認します。

受取手形記入帳を仕訳する時に見る箇所

てん末欄とそれ以外では仕訳内容が変わる点はわかりますか?

てん末欄は、最終的に受取手形が決済されたり裏書された時に記入されるので、減少をあらわしています。一方、てん末欄以外は受取手形を受け取った時に記入するので、受取手形の増加をあらわすわけです。

つまり、受取手形を受け取って記入した直後の仕訳は以下のようになります。

        借方      貸方
4月11日 受取手形 10,000 売上 10,000

「受取手形記入帳への記入=借方は必ず受取手形」です。貸方は摘要欄に記入されている取引の内容をもってきます。

日付や金額も受取手形記入帳に書かれているものを確認すればすぐにわかります。

逆にてん末欄、つまり受取手形がなくなった時の仕訳は以下です。

        借方      貸方
5月31日 当座預金 10,000 受取手形 10,000

てん末欄の内容を仕訳する時の貸方は、必ず受取手形になります。

例では当座預金口座へ入金されているので借方を当座預金としていますが、裏書なら仕入などの取引内容、割引なら手形売却損がくることもあります。

ここらへんの意味がわからない場合は、裏書譲渡割引を参考にしてください。

受取手形記入帳の仕訳方法は以上です。

試験での重要度は記入方法よりも仕訳のほうが高いので、仕訳だけは必ずできるようにしておきましょう。