売上原価の計算方法と仕訳

売上原価から総利益を求める

売上原価というのは、販売した商品の原価です。

たとえば、10,000円で買った商品を20,000円で売ったのであれば、売上原価は10,000円で売上は20,000円になります。売上から売上原価を差し引いた残りの10,000円が儲けになるのはわかりますよね。これが分記法でいうところの商品売買益であり、3分法でいうところの売上総利益になります。

売上総利益を明らかにすることで会社の業績がわかるので、仕入れた商品をいくらで販売していくら儲けたかを決算で記録するのは重要な作業です。

上記の例をみるとわかりますが、売上総利益の計算式は以下のようになります。

売上総利益=売上-売上原価

売上総利益を求めるためには売上原価がわからないとダメなので、計算方法を学ぶというわけです。

売上原価の計算は分記法では考える必要はありません。なぜなら、分記法では販売時に商品勘定を使っているので、その合計がそのまま当期の売上原価になるからです。

なので、「売上原価の計算=3分法で必要」と考えましょう。

3分法でも仕入を合計すればいいと思うかもしれませんが、仕入というのは商品を購入した金額であり売上原価ではありません。売上原価は売った商品の原価ですから、仕入の合計とは違うのです。

イメージ的には似ていますが、違うものなので勘違いしないようにしましょう。

売上原価の計算方法

売上原価は以下のような計算式で求めることができます。

売上原価=期首商品+当期仕入-期末商品

期首商品というのは期首の時からある商品です。当期に仕入れた商品が全て売れるなんてないので、次年度の期首には商品が残ることになり、これが期首商品になります。

当期仕入とは言葉通りの意味で、当期中の仕入れの合計です。

期末商品というのは、期末に残った商品の合計を指します。言い換えるなら、次年度の期首商品にもなるわけです。

上記の公式に各項目をあてはめたいので、期首商品、当期仕入、期末商品の金額を明らかにしないといけません。

期首商品は決算前なら繰越商品勘定に記入されていて、当期仕入は仕入勘定の合計です。期末商品は商品有高帳などから確認することができます。

売上原価の計算自体は、それぞれの金額を明らかにして公式にあてはめるだけです。仮に、期首商品が10,000円で当期仕入が50,000円、期末商品が20,000円だったとしたら、売上原価は以下のようになります。

10,000+50,000-20,000=40,000円

ここまでは単純に公式にあてはめただけですが、簿記ではこの過程を仕訳していかないといけません。

売上原価の仕訳

上記の計算を仕訳であらわす方法を解説します。

まず、仕入の時には借方に仕入をもってきて処理をしますよね。つまり、仕入に期首商品を足すには以下のような仕訳が必要になります。

   借方     貸方
仕入 10,000 繰越商品 10,000

仕入勘定には当期の仕入があるわけですから、上記の仕訳を転記すると以下のようになります。

借方に繰越商品を転記した仕入勘定

当期の仕入れは現金で支払う時や買掛金の時など色々なので、諸口としています。

仕入勘定を見ると、当期仕入に繰越商品勘定という期首商品が加わったのがわかるわけです。これは売上原価の計算式で言うと、期首商品+当期仕入の部分になります。

ですから次は期末商品を当期仕入から減少させないといけません。当期に仕入れた分から残った商品を差し引く作業で、仕訳は以下のようになります。

   借方     貸方
繰越商品 20,000 仕入 20,000

これを先ほどと同じ仕入勘定に転記したのが以下です。

貸方に繰越商品を転記した仕入勘定

この流れが計算式で言うところの、-期末商品にあたります。

仕入勘定をみると、借方と貸方の合計が一致していません。差額は40,000円ですが、これが期首商品+当期仕入-期末商品の答えであり、売上原価になります。

仕入勘定を締め切るときは、貸方に売上原価を転記しないといけないため、以下の仕訳が必要です。

   借方     貸方
損益 40,000  仕入 40,000

そして、最終的な仕入勘定は以下のようになります。

損益を転記して締め切った仕入勘定

売上原価は以上のような流れで計算・仕訳していきます。

一気に説明したので、初学者の方は一度では理解しきれないかもしれません。しかし、売上原価の計算は3級の範囲では特に重要ですから、繰り返し学習してマスターしておくようにしましょう。

また、公式をただ暗記しておけばいいのではなく、仕訳の手順まで理解しておかないと実際の問題を解けなくなります。一度理解できれば後は問題の数稽古で自然と作業できるようになりますから、理屈を考えながら学習していくようにしましょう。