手形の裏書譲渡があった時の仕訳

裏書譲渡した手形の処理

受け取った手形は約束手形でも為替手形でも支払期日が到来すれば現金化できます。しかし、営利目的で活動している会社としては資産を置いておくだけでなく、もらった手形もさらなる取引のチャンスに利用したいわけです。

そこで、支払期日前であれば、他の人に手形を譲り渡して現金の代わりとして利用することも認められています。これを手形の裏書譲渡といって、渡す人を裏書人、譲り受ける人を被裏書人と言います。

手形の裏書譲渡の仕訳方法ですが、裏書人の場合は受取手形の減少、被裏書人は受取手形の増加として処理します。

たとえば、A商店がB商店から10,000円の商品を仕入れて、代金の支払いにC商店から受け取った手形を裏書譲渡した場合の仕訳は以下のようになります。

A商店の仕訳(裏書人)
  借方      貸方
仕入 10,000 受取手形 10,000

B商店の仕訳(被裏書人)
  借方      貸方
受取手形 10,000 売上 10,000

裏書人の仕訳はあくまで受取手形の減少であり、支払手形ではない点だけ注意しておきましょう。

自分が振出した約束手形を裏書譲渡された場合

裏書譲渡でもうひとつ覚えておきたいのは、過去に自分が振出した約束手形が色々な人の手に渡って最終的に自分のところに戻ってきたときの仕訳です。通常、手形を受け取ると受取手形の増加として処理しますが、自分が振出した手形の場合は違った処理をしないといけません。

約束手形を振り出した時に支払手形という負債の増加として処理しているので、約束手形が戻ってきたということはお金を支払う必要がないわけです。ですから、支払手形を借方にもってきて負債の減少として処理をしていきます。

たとえば、10,000円の商品を販売して代金を自分が振出した約束手形の裏書譲渡で受け取った場合の仕訳は以下のようになります。

  借方      貸方
支払手形 10,000 売上 10,000

この仕訳は要するに自己振出小切手を受け取った時と似たような考え方です。小切手も本来は現金として処理しますが、自分が振出したものを受け取ったら当座預金という資産の増加として処理します。

勘定科目は違いますが、理屈は手形の場合も同じようなものです。

混乱しそうな方は一度で理解しようとせずに、手形や小切手の役割と仕組みを理解してから復習してみてください。