手形の仕組みと約束手形の仕訳

手形とは?

手形とは期日が到来すると換金できる証券で、商品代金のやり取りでも用いられます。

手形を振り出した人、受け取る人、金額や期日なども記載されていて、その役割は小切手とほんとんど同じです。小切手と手形が違う点は期日の有無ですから、その点だけ覚えておけば大丈夫でしょう。

手形を商品売買に用いる理由は資金繰りを良くするためです。たとえば、商品を買った時に現金払いでは手元のお金がすぐに減ってしまいますよね。掛取引をすれば支払いは1ヶ月伸ばせますが、もう少しまってもらいたいケースもあるかもしれません。

こうした時に支払期日が2、3ヶ月先の約束手形を振り出しておけば、手元のお金をしばらく残しておけます。掛取引とは違った利点があるために手形での取引もおこなわれるわけです。

手形にはいろいろな種類があり、3級では約束手形と為替手形を学習しないといけません。この2つは法律上の分類で、簿記では受取手形と支払手形といった分け方をします。

受取手形というのは言葉のイメージどおり、自分がお金を受け取れる手形です。手形を現金化することもできるので、資産の分類になります。

逆に支払手形は自分がお金を支払わないといけないものなので、負債です。

簿記上の分類を覚えた上で、まずは約束手形から学んでいきましょう。

約束手形の処理

約束手形というのは、手形を振出す人と受け取る人が「いつ・いくら」を決めた手形です。当事者同士による約束がされているので、名称もそのまま約束手形となります。

約束手形は手形を振り出した人に支払い義務があり、手形を受け取った人がお金を受け取るという仕組みです。手形を振出す人のことを振出人あるいは支払人といい、手形を受け取る人を名宛人あるいは受取人といいます。

仕訳のやり方は自分が振出人か受取人かで変わりますが、約束手形の意味がわかれば難しくありません。

実際に簡単な例で約束手形の仕訳をやってみましょう。

例題)A商店はB商店より商品10,000円を仕入れ、代金は約束手形で支払った。両商店の仕訳をしなさい。

(A商店の仕訳)
  借方      貸方
仕入 10,000 支払手形 10,000

(B商店の仕訳)
  借方      貸方
受取手形 10,000 売上 10,000

さきほどお伝えしたとおり、約束手形というのは法律上の分類ですから、仕訳では使いません。支払手形、受取手形という勘定科目を用いてそれぞれの仕訳をしていきます。

A商店は仕入という費用と支払手形という負債があり、B商店は受取手形という資産と売上という収益が発生したので、両商店の仕訳は上記のようになるわけです。

仕訳自体は難しくないので、まずは手形の仕組みと勘定科目の分類を理解するようにしましょう。