簿記検定の役割と種類

簿記検定の役割

これからみなさんは検定合格を目指して学習に取り組むわけですが、検定が何のために存在するかを考えたことはあるでしょうか。

簿記に限った話ではないですが、検定に合格したという証は能力を客観的に判断する材料になります。たとえば、就活の面接のときに資格を持っていない人が「経理に関する知識があります」と漠然とアピールするよりも、「簿記3級をもっています」のほうがどの程度の知識やスキルがあるかは一目瞭然ですよね。

また、簿記3級では仕訳や貸借対照表の作成、帳簿の記帳方法などを学んでいきますが、正しい知識とスキルが身についているかを試す場も検定になります。

資格試験の合否と実務は勝手が違う場面も少なくありませんが、知識だけ持っていても合格点に届かなければ不十分と考えられるわけです。

要するに、検定というものは自分自身が有資格者となるためだけに存在するのではなく、客観的に能力を判断するための指標と自分の知識や学習成果の確認という役割もあわせ持っているのです。

簿記検定の種類

簿記検定というと日商簿記を思い浮かぶ人も多いかもしれませんが、必ずしも簿記検定=日商簿記というわけではありません。現在国内には試験を実施する機関が3つ存在しているため、簿記検定も3種類にわかれます。

実施機関で変わる3種類の簿記検定
①日本商工会議所主催の日商簿記
②全国商業高等学校協会主催の全商簿記
③全国経理教育協会主催の全経簿記

商業高校出身の方は全商簿記の受験経験もあるのではないでしょうか。全商簿記は高校生向けの検定のため、難易度も比較的やさしめになっています。

全経簿記は経理学校経験者の人が受けることが多いと思いますが、難易度は2番目で、日商簿記のほうが検定自体は難しいです。


どの検定を受けるのか??

環境によって受験する検定も変わってきますが、大学生や社会人になってから取得を目指す場合は、日商簿記を受験するのが一般的です。何かしらの事情がない限りは、特に迷う必要もなく日商簿記を受験するという選択になると思います。

僕の場合は高校の普通科出身かつ簿記の知識もまったくなかったため、正直、簿記というのは日商簿記だけだと思い込んでいました。当然、他の検定を受けるという選択はなかったです。

日商簿記は仕事やスキルアップ、就職のために取得される人も多いので、他の検定よりも認知度、人気ともに高い資格となっています。有資格者への評価も日商簿記のほうが高くなりやすいですから、特別な事情がない限り日商簿記を選択するのがオススメです。