知識がない初心者は簿記4級から受けるべき?

初挑戦なら4級から受けるほうがいい?

あまり話題になりませんが、簿記には3級よりも簡単な4級もあります。初めてでも3級から受験する方がほとんどなので、「簿記4級の存在を知らなかった」という人がいても珍しくはないです。

というか、僕自身も3級の勉強をしていた当時は4級の存在は知りませんでしたから、勝手に「3級から受けるもの」と思い込んで勉強をしていました。

ただ、簿記の勉強を始めて「難易度が低い」という理由で、4級を最初に受験する方も少なからずいらっしゃいます。これについては特に否定はしません。

ですが、今から学習を始める方はたとえ知識が一切なくて初めて受験する場合でも、3級から受験されるのがいいと思います。

簿記4級で学ぶ内容は概念や理論的な話が多いため、実践的なスキルはほとんど身に付きません。一度の受験で合格するのも3級以上にかんたんなので、重宝される場面も少ないです。「受ける人が少ないから持っていればレア」ではありますが、正直、役には立たないと言えます。

あまりないと思いますが、4級を取得する特別な理由でもない限り、4級を受けるよりもまずは3級の合格を目指して勉強を始めるほうがいいでしょう。そのほうがより実用的なスキルが身に付くからです。

初めから2級や1級を視野に入れて学習をすすめる

簿記3級合格後は積極的に2級や1級を目指すのがいいと思います。3級でも活用できる場面はありますが、あくまで基礎が理解できる程度で、仕事や実践では2級くらいのスキルが必要な場面が多々あるからです。極端な話、無資格者でも長く経理関係の仕事をしていれば2級程度の知識は持っています。

また、4級しか持っていない場合よりはスキルはあると言えるものの、3級だけ持っていても重宝される場面は少ないと思います。

難易度が低ければ低いほど合格のハードルは下がり、多くの方が同じ資格や能力をもちます。 自分は苦労して合格したつもりでも、持っている人がたくさんいて思ったほどの価値がなかったなんて場合もあるかもしれません。そのため、3級の勉強を始めた時から2級までは視野に入れて学習をすすめていくのがいいでしょう。

1級は難易度が跳ね上がるため、いきなりは難しいと思います。専門的すぎて逆に実務では出番がない内容もありますから、税理士などの別資格を視野に入れている場合はさておき、スキルアップや仕事面では2級までで十分です。

3級と2級は同時受験や独学でも十分合格可能ですし、2級ならば実務ですぐに出番がでてきます。4級を受験するかどうかでお悩みなら、3級を確実に合格できるように学習を始めるか、2級まで目指した学習に切り替えるかを検討してみてはいかがでしょうか。

より上をレベルを視野に入れたほうが勉強にも力が入ると思いますし、いい結果を運んでくれるものです。