有価証券・株式の仕訳

有価証券とは?

有価証券とは価値ある証券という意味の株式や国債、地方債、社債のことです。

株式はご存知の方も多いと思いますが、会社設立や増資時のお金集めを目的に発行する有価証券になります。

国債や地方債、社債のことを公社債といいますが、これらは国や地方公共団体、会社がお金を借りる時に発行する有価証券です。

いずれの有価証券もお金を儲けるために購入されます。厳密には他にも目的はありますが、それは重要ではないのでここでは省略します。

株式なら安く買って高く売ったり保有して配当金を得たりできますし、公社債なら利息がもらえるので、お金のために購入するというイメージでいいでしょう。

3級では有価証券に関する細かい知識までは問われないので、用語と簡単な仕組みだけおさえておけば十分です。

もちろん仕訳はできないとダメですから、ここで解説します。有価証券の仕訳については株式と公社債で別々に学ぶほうがわかりやすいので、先に株式から説明しますね。

株式の仕訳

有価証券には目的ごとに売買目的・満期保有目的など色々な種類がありますが、3級では売買目的有価証券以外出題されません。

なので、株を購入した場合は売買目的有価証券で処理すると覚えておくとわかりやすいです。有価証券は売ればお金になるものですから資産に分類されます。

株を購入した経験がないとイメージしにくいですが、通常、有価証券というのは証券会社に手数料を支払って購入します。購入時の費用を付随費用(ふずいひよう)といい、これも有価証券に含めて処理しないといけません。仕入諸掛を仕入に含めて仕訳するのと同じ理屈です。

たとえば、100株を1株100円で購入し、代金を小切手で購入したとします。手数料3,000円を現金で支払った時の仕訳は以下のようになります。

   借方          貸方
売買目的有価証券 13,000 当座預金 10,000
               現金 3,000

100株×100円で10,000円が売買目的有価証券です。付随費用は売買目的有価証券に含めて仕訳をします。株と手数料の支払方法が違うので、貸方は当座預金と現金になります。

有価証券を売却した場合は売買目的有価証券という資産を減らします。売った時には現金などが代わりに入ってきますが、株の価値が購入時よりも高いか低いかで損益がでてくる点に注意です。

購入時よりも高く売れて儲かったのであれば有価証券売却益という収益勘定を使い、損をしたのであれば有価証券売却損という費用で処理をします。

仮に上記の10,000円で購入した株が12,000円で売れて現金を受け取った場合の仕訳は以下のようになります。

   借方      貸方
現金 12,000 売買目的有価証券 10,000
        有価証券売却益 2,000

もしも売却時に手数料が発生した場合は、受取手数料という費用もあわせて処理をしないといけません。


配当金の処理

最初にお伝えしましたが、株というのは持っていると配当金がもらえます。配当金というのは会社から直接お金を受け取るのではなく、株式配当金領収証という引換券をもらい、それを銀行に持っていくことで現金をうけとれるものです。

ですから、株式配当金領収証を受け取った時の仕訳は小切手と同じく現金として処理をしないといけません。仕訳をする時は借方に現金がきて、相手勘定科目は受取配当金という収益勘定になります。

  借方    貸方
現金 ○○ 受取配当金 ○○

勘定科目がわかれば仕訳は簡単ですが、現金とみなす点だけ注意しておきましょう。